agrin farm 2009fall of agrin life farm

agrin life farm > agrin farm 2009fall

2009年秋のあぐりんファーム

夏の賑やかさは一段落して、夏野菜のあとの手を入れていない畝は、
雑草が生い茂り、その中で様々な生物が身を潜めています。

いくつかの畝は、冬野菜の為に整備し、播種・定植を行いました。
キャベツや白菜などの苗を定植する畝は、草刈り機で表面を刈って
植え穴施肥で定植、刈った草をまた被せておきます。
大根やほうれん草の播種をする畝は草刈り機で刈ったあと、さらに
鎌で表面の土を浅く潜らせるか、大馬鍬で蒔き溝ができるように軽く
土をほぐします。同様に、刈った草はまた畝に被せておきます。

キャベツは時期をずらして収穫できるように、極早生・早生・晩生(年越し)
と分けて、白菜は早生の愛知白菜と晩生の加賀白菜を育苗・定植。

大根は、打木源助大根、山田ねずみ、年を越して収穫する「冬みね」、
愛知の高級大根「方領」、そばの薬味に辛み大根「中之条ねずみ」。
カブは今年初挑戦。若い人はカブなんてあまり食べませんから。
以前住んでいた飛騨の「飛騨赤かぶ」を少しだけ。
それからそばの薬味に「暮坪かぶ」。

変わり種として、コールラビと幾何学模様のロマネスコを。

ホウレンソウは日本ホウレンソウ「次郎丸」と
雪の下で甘く育つちぢみホウレンソウ「寒味」を。

そのほかは、炒めておいしい「コスレタス」、焼肉に欠かせない「サンチュ」、
金沢春菊。これくらいで終わりです。

冬は畑仕事より、大工仕事や土木仕事、薪割りに精を出します。

DSC00892.JPGキャベツ・白菜・大根の畝。DSC00893.JPGキャベツは極早生・早生・晩生と収穫時期をずらして。DSC00894.JPG先に定植した早生のサラダ白菜。DSC00895.JPG自宅でじっくり育苗した、「加賀白菜」。晩生で大きく育ちます。DSC00896.JPGこちらの大根は、うちの源助さん。DSC00897.JPG大根各種。DSC00899.JPGネギは土寄せを繰り返して。加賀一本太ネギ。DSC00911.JPGウコンは秋ウコンと春ウコン。
DSC00931.JPG夏から継続中のケール。DSC00932.JPG8月定植のプチヴェール。DSC00524.JPG鷹の爪は収穫済み。干してからミキサーにかけて一味に。家の中ではミキサーにかけない方がいいかも。
DSC00515.JPGエビスグサに囲まれて育つ島オクラ。もうすぐ10月でも継続中。DSC00516.JPG秋じゃがは「デジマ」。アンデスレッドは一個も芽が出ず・・・??

ホーラー

植え穴開け器

サンエー ホーラー・モーラー

DSC01051.JPG

サンエーのホーラーです。右はマルチでも使えることができ、マルチの抜きカスを回収する針もついています。穴のサイズも各種あります。左は開閉式で、刺して土をつかむ事ができます。どちらも株間を計る棒がついています。大変便利で、もうこれなしでは済ますことができません。

播種機

播種機

みのる播種機 菜々子

DSC00952.JPG

前後のタイヤの間に装置があり、まず前で溝切りをし、真ん中で種が落ちてきて、後ろで覆土をする、という超楽々機械です。あっという間に種まきが終わり、発芽も揃っています。本体横にノブがついていて、簡単に種の大きさによる調整をすることができます。上級機種もありますが、それは農家の方向けで、より正確な播種をするために種の種類によりベルトを交換するような方式になっています。

敷き藁

どうやって確保するか

稲藁、麦(エン麦、小麦、ライ麦、大麦)、ナギナタガヤ

DSC00931.JPG

あぐりんでは作物の足下に生えた雑草を刈って、敷き藁とします。雑草以外では加賀市の農家までもらいに行った稲藁、またあぐりんで育てるエン麦・ライ麦などの麦類、他にはナギナタガヤを用います。エン麦は根も深く、土壌改良の役目も果たします。

運搬車

軽トラ

スバル サンバー

DSC00897.JPG

畑仕事に軽トラは必須です。資材を買いに行ったり、苗を運んだり。取得費用も維持費も安いのが利点です。最大積載量は300キロまでですが、先日荷台を板で囲って堆肥をもらいに行きましたが、重さ700キロとなり、積載量オーバー、フラフラで危険走行でしたが、何とか帰ってきました。

イモヤケール2

廃ドラム缶利用の石焼き芋焼器

アウトドアベース犬山

DSC01150.JPG

犬山のキャンプ場が作成している、廃ドラム缶を利用した焚き火台&石焼き芋焼器!!弱火で長時間ゆっくり加熱すると、焼き芋の甘みが増すという。だから落ち葉や石焼きがおいしい!
アウトドアベース犬山 イモヤケール2

あぐりんでは雑草を利用した自然農法を試みています。

DSC01103.JPG
半分雑草に埋もれながらゆっくりと育つ作物は、とても生き生きとして見えます。それに比べて雑草1本生えていない畑は、まるで砂漠でむち打たれながら、肥料漬け・薬漬けになって生かされているように見えます。

自然農法のHOW TOLinkIcon