2010年夏前のあぐりんファーム

agrin life farm > agrin farm 2010 early summer

2010年夏前(梅雨)のあぐりんファーム

 もう梅雨に入りそうです。今年は梅雨が長い?トマトとスイカ・メロンは雨よけで万全ですけど・・・。

CIMG0830.JPG畑に入る小径CIMG0831.JPGヤマイモCIMG0833.JPG金時草CIMG0834.JPGサトイモ(石川早生)CIMG0835.JPGサトイモ(石川早生)CIMG0877.JPG今年は本気、スイカとメロンCIMG0839.JPGメロンは赤肉ネットメロン!CIMG0840.JPGスイカ(タヒチ)
CIMG0878.JPGカボチャはエビスと打木赤皮CIMG0844.JPGラッカセイCIMG0845.JPG空いた畝には大豆・枝豆を
CIMG0862.JPGナス(被天長・ヘタ紫)CIMG0863.JPGピーマン
CIMG0865.JPGまだまだ小さい島トウガラシCIMG0866.JPGトマトはロッソロッソなど6種。雨よけとトマポールCIMG0867.JPGキュウリもまだまだ。うどんこつよし・加賀太きゅうりCIMG0868.JPGゴーヤ
CIMG0869.JPG小玉スイカは棚仕立てCIMG0870.JPGトウモロコシ第1弾
CIMG0872.JPG1ヶ月後播種の、トウモロコシ第2弾CIMG0871.JPGオクラは島オクラ。丸鞘で固くなりにくい。CIMG0874.JPG今年もハトムギ。CIMG0875.JPGヤーコンCIMG0876.JPG冬に備えて、下仁田ネギCIMG0881.JPGサトウキビCIMG0883.JPGジャガイモ(キタアカリ)CIMG0888.JPGサツマイモ(安納芋)CIMG0825.JPG今年もおいしい小径CIMG0827.JPGラズベリーCIMG0828.JPG今年もハトムギ。CIMG0829.JPGブルーベリーCIMG0717.JPG孫悟空の幡桃CIMG1089.JPGかぼちゃCIMG1090.JPGかぼちゃCIMG1091.JPGウコンCIMG1092.JPG珍しい「黒ウコン」CIMG1093.JPGナスCIMG1094.JPGナスCIMG1097.JPGトマトCIMG1098.JPGトマト「ロッソロッソ」CIMG1099.JPGトマト「アイコ」CIMG1102.JPG棚仕立ての小玉スイカCIMG1104.JPG紅こだまCIMG1105.JPG加賀太キュウリCIMG1106.JPGまだ細い「加賀太」CIMG1110.JPG島オクラCIMG1111.JPGトウモロコシCIMG1115.JPGハトムギCIMG1107.JPG下仁田ネギ

ホーラー

植え穴開け器

サンエー ホーラー・モーラー

DSC01051.JPG

サンエーのホーラーです。右はマルチでも使えることができ、マルチの抜きカスを回収する針もついています。穴のサイズも各種あります。左は開閉式で、刺して土をつかむ事ができます。どちらも株間を計る棒がついています。大変便利で、もうこれなしでは済ますことができません。

播種機

播種機

みのる播種機 菜々子

DSC00952.JPG

前後のタイヤの間に装置があり、まず前で溝切りをし、真ん中で種が落ちてきて、後ろで覆土をする、という超楽々機械です。あっという間に種まきが終わり、発芽も揃っています。本体横にノブがついていて、簡単に種の大きさによる調整をすることができます。上級機種もありますが、それは農家の方向けで、より正確な播種をするために種の種類によりベルトを交換するような方式になっています。

敷き藁

どうやって確保するか

稲藁、麦(エン麦、小麦、ライ麦、大麦)、ナギナタガヤ

DSC00931.JPG

あぐりんでは作物の足下に生えた雑草を刈って、敷き藁とします。雑草以外では加賀市の農家までもらいに行った稲藁、またあぐりんで育てるエン麦・ライ麦などの麦類、他にはナギナタガヤを用います。エン麦は根も深く、土壌改良の役目も果たします。

運搬車

軽トラ

スバル サンバー

DSC00897.JPG

畑仕事に軽トラは必須です。資材を買いに行ったり、苗を運んだり。取得費用も維持費も安いのが利点です。最大積載量は300キロまでですが、先日荷台を板で囲って堆肥をもらいに行きましたが、重さ700キロとなり、積載量オーバー、フラフラで危険走行でしたが、何とか帰ってきました。

イモヤケール2

廃ドラム缶利用の石焼き芋焼器

アウトドアベース犬山

DSC01150.JPG

犬山のキャンプ場が作成している、廃ドラム缶を利用した焚き火台&石焼き芋焼器!!弱火で長時間ゆっくり加熱すると、焼き芋の甘みが増すという。だから落ち葉や石焼きがおいしい!
アウトドアベース犬山 イモヤケール2

あぐりんでは雑草を利用した自然農法を試みています。

DSC01103.JPG
半分雑草に埋もれながらゆっくりと育つ作物は、とても生き生きとして見えます。それに比べて雑草1本生えていない畑は、まるで砂漠でむち打たれながら、肥料漬け・薬漬けになって生かされているように見えます。

自然農法のHOW TOLinkIcon