agrin farm 200907 of agrin life farm

agrin life farm > agrin farm 200907

2009年初夏のあぐりんファーム

DSC00047.JPGマルチ麦を利用したかぼちゃ栽培
DSC00043.JPG実がなったかぼちゃは草に埋もれていますので、よく探さないといけません。
DSC00048.JPG小振りなツル物は立体仕立て
DSC00049.JPG小玉スイカ
DSC00051.JPGミニかぼちゃ「小菊」美しいです。
DSC00052.JPGミニかぼちゃ「プッチーニ」
DSC00057.JPGメロンはプリンスメロンとネットメロンの立体仕立て
DSC00055.JPGプリンスメロン
DSC00058.JPGトマトはしっかり雨よけ
DSC00059.JPG宝石のようなロゼ
DSC00060.JPGイエローアイコ、妻の名前にちなんで栽培
DSC00061.JPG大玉トマトももうすぐ
DSC00062.JPGヤマイモは4メートルの支柱で
DSC00067.JPGゴーヤーは熱くなるこれからまだまだ!
DSC00068.JPGオクラは島オクラと赤オクラ。3-4本仕立てでゆっくり成長、ゆっくり収穫
DSC00069.JPGとうもろこし
DSC00070.JPG珍しい沖縄野菜、「赤毛瓜」
DSC00073.JPG赤毛瓜の赤ちゃん。
DSC00074.JPGキュウリ。最初のつるおろしを終えたところ。
DSC00076.JPGヤーコン
DSC00077.JPGサトイモはもちろん石川早生
DSC00078.JPG青汁ケール
DSC00079.JPG枝豆・大豆 庄内のだだちゃ豆や丹波献上大黒豆などなど
DSC00088.JPG加賀野菜の加賀つるまめ
DSC00090.JPG落花生は3歳の娘に収穫させるのが楽しみ
DSC00093.JPGメロンのような食味のナス科ペピーノ
DSC00097.JPGフルーツパプリカ。雨よけしてたけど、強風で吹っ飛んだ。
DSC00099.JPG秋田のトンブリ

ホーラー

植え穴開け器

サンエー ホーラー・モーラー

DSC01051.JPG

サンエーのホーラーです。右はマルチでも使えることができ、マルチの抜きカスを回収する針もついています。穴のサイズも各種あります。左は開閉式で、刺して土をつかむ事ができます。どちらも株間を計る棒がついています。大変便利で、もうこれなしでは済ますことができません。

播種機

播種機

みのる播種機 菜々子

DSC00952.JPG

前後のタイヤの間に装置があり、まず前で溝切りをし、真ん中で種が落ちてきて、後ろで覆土をする、という超楽々機械です。あっという間に種まきが終わり、発芽も揃っています。本体横にノブがついていて、簡単に種の大きさによる調整をすることができます。上級機種もありますが、それは農家の方向けで、より正確な播種をするために種の種類によりベルトを交換するような方式になっています。

敷き藁

どうやって確保するか

稲藁、麦(エン麦、小麦、ライ麦、大麦)、ナギナタガヤ

DSC00931.JPG

あぐりんでは作物の足下に生えた雑草を刈って、敷き藁とします。雑草以外では加賀市の農家までもらいに行った稲藁、またあぐりんで育てるエン麦・ライ麦などの麦類、他にはナギナタガヤを用います。エン麦は根も深く、土壌改良の役目も果たします。

運搬車

軽トラ

スバル サンバー

DSC00897.JPG

畑仕事に軽トラは必須です。資材を買いに行ったり、苗を運んだり。取得費用も維持費も安いのが利点です。最大積載量は300キロまでですが、先日荷台を板で囲って堆肥をもらいに行きましたが、重さ700キロとなり、積載量オーバー、フラフラで危険走行でしたが、何とか帰ってきました。

イモヤケール2

廃ドラム缶利用の石焼き芋焼器

アウトドアベース犬山

DSC01150.JPG

犬山のキャンプ場が作成している、廃ドラム缶を利用した焚き火台&石焼き芋焼器!!弱火で長時間ゆっくり加熱すると、焼き芋の甘みが増すという。だから落ち葉や石焼きがおいしい!
アウトドアベース犬山 イモヤケール2

あぐりんでは雑草を利用した自然農法を試みています。

DSC01103.JPG
半分雑草に埋もれながらゆっくりと育つ作物は、とても生き生きとして見えます。それに比べて雑草1本生えていない畑は、まるで砂漠でむち打たれながら、肥料漬け・薬漬けになって生かされているように見えます。

自然農法のHOW TOLinkIcon