agrin garden つるバラのためのパーゴラの製作 基礎工事

agrin life garden > garden パーゴラ1

agrin garden backnumber

つるバラのためのパーゴラ製作

基礎工事
木材加工

パーゴラの製作 基礎工事

アンジェラとニュードーンのためのパーゴラ

バラ園に何も使っていない一角がありますので、
そこに以前からパーゴラ製作を考えていました。
キットハウスが完成のめどがついてきたので、次の
パーゴラ製作に入ってしまいました。

今回作るのは、ツルバラのアンジェラとニュードーンのための
パーゴラです。ニュードーンは大分大きくなるようなので
パーゴラには良いかと思います。

材料はウェスタンレッドシダーを木工ランドで通販購入。
近くのホームセンターで買うよりずっと安いです。
予定のサイズは1m×2m、高さは2.4m。
木材加工は最小限にします。

DSC02026.JPG
まず、だいたいの位置を決め杭で四隅に打ちます。
そこから50㎝離して、まわりぐるっと杭を打ち、「水盛り遣り方」を
します。

DSC02027.JPG
今回も電子式の水盛り機を使いました。
一人で簡単に水盛りできます。
ネットで購入しましたが、近くのホームセンターでも同じものが
売っていました。

DSC02028.JPG
水糸を張って正確な位置を決めます。
杭の打ち方がまずかったので、100㎝×200㎝にできなくなって
結局105㎝×210㎝になりました。
水糸が交差するところは、さしがねで直角を確認し、水糸を調整します。

DSC02029.JPG
スコップで深さ40㎝ほど掘り、タンパーで付き固めます。
深さが40㎝なのは、砕石を10㎝いれて、基礎を30㎝埋めるためです。
地盤が軟らかいのがちょっと心配。
コンクリート平板を入れようかと思ったけど、また買いに行くのが面倒で
却下。
水糸から穴の底までの距離が全て同じになっていることを確認します。

DSC02030.JPG
基礎となるフェンスブロックを置いてみます。
ここには90×90の角材が入りますが、外側の角を
水糸交差部に合わせます。

DSC02031.JPG
全ての穴に基礎ブロックを入れ、その基礎の上面と水糸との
距離が全て同じであることを、木の棒に印を付けて確認してまわります。
これで位置が正確に決まり、基礎各々の上面の高さが同じになったはずです。

水盛り遣り方の仕方は「キットハウス 基礎工事」で紹介しています。
本などでは穴を掘って石を敷いて、基礎石を置いて、
いちいち対角の長さを揃えたり、水平を水平器で測ったりして
ちまちま調整していますが、結構大変そうです。
水盛り遣り方の方が、一度マスターしてしまえば少ない労力で
より正確に作業ができると思います。

ここまで一人で2時間半の作業。
今日はここまで。

2010/04/09





サイモンとガーファンクルの庭

スキャボロ・フェアー

パセリ・セージ・ローズマリー&タイム

DSC00988.JPG

手前半分、右から時計回りに、パセリ・セージ・ローズマリー・タイム、となっています。これが意味するものは・・・、サイモン&ガーファンクルの「スキャボロフェア」という曲に出てくるハーブの名前の順番に植えたものです。そしてもちろん!!、真ん中の空間には「スキャボロフェア」という品種のバラを植える予定です。すでに苗を注文済み。暮れ頃に届く予定。完成が楽しみー(=^-^=)

ROSE GARDEN

バラ園づくりがスタート

まずはラ・フランスから

DSC01125.JPG

10月からバラ園作りがスタートしています。大きなアーチを3つ購入、ここにはアイスバーグ、ピエール・ド・ロンサール、ニュードーン、レオナルドダビンチ、バレリーナなど名花が来る予定です。合間にはルイ14世、ラ・フランス、オフェーリア、ザ・マッカートニーローズ、パパメイアンなどのオールドローズやモダンローズが。

CLEMATIS GARDEN

クレマチスの柵づくりもスタート

こちらは冬咲きクレマチスとモンタナから

DSC01122.JPG

先日作った柵に1.5㎜のワイヤーを張り、クレマチスを植え込んでいます。まずは冬咲きクレマチスのジングルベル、カリシナ、日枝、シルホサ系ランダンジム、モンタナを数株植え付け、柵の板やワイヤーに固定しました。

もっとも好きな花

ブルーデイジー

ただいま大量さし木増殖中!

DSC01095.JPG

ブルーデイジーは私のもっとも好きな花で、その青い花を見るとハッとしてしまいます。わりと丈夫なようで、伸びた茎を切ってさし木にし、大量増殖計画中です。

LinkIconお問い合わせはこちらまで

まだまだ始まったばかりです。

DSC00918.JPGここにはこれから柵を作り、アーチやオベリスクを設置して、バラとクレマチスを競演させる予定です。そのほかの部分には宿根草やハーブ、また樹木ではオリーブ・白樺・西洋楓が植えられます。

関連リンクLinkIcon