agrin garden 自分で作る木のフェンス~基礎工事

agrin life garden > garden フェンス1

agrin garden backnumber

自分で作る木のフェンス

基礎工事
木材加工・塗装

自分で作る木のフェンス~基礎工事

隙間からポールズ・ヒマラヤン・ムスクがのぞく、開放的な柵

パーゴラが完成したので、次は北側の道路向きにフェンスを
設置し直すことにしました。長さは10メートル。

道路からバラが見えること、あまり遮って閉鎖的にならないこと
で、木の板張りで縦にするか横にするか、ラティスにするか、
散々迷って、ウェスタンレッドシダーの横板張りに決定!

DSC01939.JPG
現在は杭を打って、レッドシダーの板を細く割いたものを
ビスで打っただけのものです。
この冬の大雪で、いくつかの板は折れてしまいました。

DSC01796.JPG
東側の隣家との境界も同じような柵です。
一番上だけレッドシダーで、下にはワイヤーが張ってあります。
ここにはラズベリーとキウイを植えました。
ここも思い切ってフェンスを設置です。
長さが20メートルありますから、ここは既成のラティスを
使います。ここも横板張りだと、材料がものすごいことに
なります・・・。

CIMG0154.JPG
既存の柵を撤去し、だいたい柱が建つ位置に
杭を打ちます。
柱の高さは1830㎜です。
通常フェンスは柱の間隔が1200~1500㎜だそうですが、
4×4のしっかりした柱にしたので、幅は1830㎜です。

CIMG0161.JPG
まずは水盛りして水平の基準をだします。
ここでも電子式水盛りが活躍。
一人で簡単に水盛りできます。

CIMG0164.JPG
両端に杭を打ち、高さの基準を出し、基礎の穴を掘る位置の
上に来るように水糸を張ります。

CIMG0172.JPG
穴を掘ります。
穴掘り用のスコップを使用。
普通の大きいスコップでは穴が深くなってくると
土をすくえなくなるので、こういった挟むような
スコップを使います。

CIMG0166.JPG
穴の深さは、フェンスブロックが45㎝なので、
敷石10㎝、フェンスブロック40㎝埋没として
深さ50㎝程度。
水糸からの深さが常に一定となるように
木の棒にマークを付けて、水糸から常に同じ深さになるよう
掘っていきます。

CIMG0168.JPG
底には砂利を10㎝分入れます。

CIMG0167.JPG
タンパーで付き固めて・・・、

CIMG0169.JPG
底が水平になっているか、小さい水平器で確かめます。
水糸からの距離も確認します。

CIMG0176.JPG
柱間の距離を確認しながら、フェンスブロックを置きます。
この時、
①フェンスブロック間の距離があっているか
②フェンスブロックそのものが水平か
③フェンスブロックの上面と水糸の距離が同じか、
を確認します。

無事確認できて、今日はこれで終了!





サイモンとガーファンクルの庭

スキャボロ・フェアー

パセリ・セージ・ローズマリー&タイム

DSC00988.JPG

手前半分、右から時計回りに、パセリ・セージ・ローズマリー・タイム、となっています。これが意味するものは・・・、サイモン&ガーファンクルの「スキャボロフェア」という曲に出てくるハーブの名前の順番に植えたものです。そしてもちろん!!、真ん中の空間には「スキャボロフェア」という品種のバラを植える予定です。すでに苗を注文済み。暮れ頃に届く予定。完成が楽しみー(=^-^=)

ROSE GARDEN

バラ園づくりがスタート

まずはラ・フランスから

DSC01125.JPG

10月からバラ園作りがスタートしています。大きなアーチを3つ購入、ここにはアイスバーグ、ピエール・ド・ロンサール、ニュードーン、レオナルドダビンチ、バレリーナなど名花が来る予定です。合間にはルイ14世、ラ・フランス、オフェーリア、ザ・マッカートニーローズ、パパメイアンなどのオールドローズやモダンローズが。

CLEMATIS GARDEN

クレマチスの柵づくりもスタート

こちらは冬咲きクレマチスとモンタナから

DSC01122.JPG

先日作った柵に1.5㎜のワイヤーを張り、クレマチスを植え込んでいます。まずは冬咲きクレマチスのジングルベル、カリシナ、日枝、シルホサ系ランダンジム、モンタナを数株植え付け、柵の板やワイヤーに固定しました。

もっとも好きな花

ブルーデイジー

ただいま大量さし木増殖中!

DSC01095.JPG

ブルーデイジーは私のもっとも好きな花で、その青い花を見るとハッとしてしまいます。わりと丈夫なようで、伸びた茎を切ってさし木にし、大量増殖計画中です。

LinkIconお問い合わせはこちらまで

まだまだ始まったばかりです。

DSC00918.JPGここにはこれから柵を作り、アーチやオベリスクを設置して、バラとクレマチスを競演させる予定です。そのほかの部分には宿根草やハーブ、また樹木ではオリーブ・白樺・西洋楓が植えられます。

関連リンクLinkIcon