あぐりんファームでの考え方~叢生栽培と不耕起植え穴施肥法

agrin life how to

あぐりんファームでのやり方とこだわり

agrin farmでのこだわり

野山の状態を再現する

あぐりんでの自然農法は、「できるだけ野山の草木が
育っている環境に近い状態を作って、作物を生き生きと育てる」
と言うことを目標にしています。
決して無肥料・無農薬・不耕起栽培の「自然農」を
指しているわけではなく、そういったことを勉強し参考にしつつも、
あくまで自分の好きな楽なスタイルでやっていきます。
好きな道具も使いたいし、好きな資材も使いたいわけです。

 あぐりんでの基本は雑草を大事にして作物の育成に利用していく、
ということです。葉っぱも茎も根っこも利用します。

DSC00902.JPG
 野山では落ち葉が積もったり、また様々な野草が生い茂り、
それらは季節事に優越が入れ替わっていき、
自分の季節が終わった野草は種を残し枯れ、
地表に堆積していくことになります。
この堆積物がいわゆる堆肥であり、山の木々の栄養となっていきます。
土と堆積物の境目では様々な生き物や微生物が持ちつ持たれつの
関係となり、それらの分泌物や排泄物は糊の役目となり、
土の団粒構造を作っていきます。
これが肥えたフカフカの土、ということになります。

 また雑草の根っこは、自らの生が終わって朽ち果てた後に
根穴となり土の中に酸素を送るパイプとなり、
また土を柔らかくすることになります。
また掘るとたくさん出てくるミミズも、その通り道が同じ役目となり、
自然に土を耕していることになります。

 雑草の生えている土を掘るとなんてフカフカなんだろう!
とビックリします。それに比べ雑草一本生えていない畑の、
なんて土の貧弱なこと。雑草の生えていない畑は、
永久に耕し続けなければいけないのです。

DSC00041.JPG夏の雑草畑の様子

DSC00339.JPG自然農必須のホーラーとモーラー

DSC00051.JPG固定種ミニカボチャ「小菊」

DSC00115.JPG雨よけ栽培でたくさんのトマト

DSC00157.JPG立体栽培でたくさんの小玉スイカ

DSC00325.JPG雑草畑の様子

DSC00336.JPG雑草に埋もれて育つ鷹の爪

DSC00965.JPGキャベツは雑草があった方がむしろよく育つ。

DSC01242.JPG虫食いのない大きな葉のキャベツ

DSC01202.JPG飛騨の紅カブ

DSC01197.JPG固定種加賀野菜「打木源助大根」