how to 不耕起植え穴施肥法

agrin life how to > how_to > howto 植え穴施肥

あぐりんファームでのやり方とこだわり

不耕起植え穴施肥法

耕さずに表面の雑草をよけて、植え穴だけを作り、
その穴に資材をポンポン放り込んでいきます。
DSC01036.JPG
植え穴には愛用の資材を投入します。
①バーク堆肥(富山県新湊の万葉バーク)、
②ぼかし肥(岩手県花巻のユキパー)、
③バイオポスト(微生物資材)
④写真に無いですが、貝化石の有機石灰を使います。

①万葉バーク
万葉バークは活性堆肥と書いてありますが、
木材樹皮を熟成堆肥にしたもので、
厩肥よりも持続性が長く安心して使えます。
根っこへの刺激も少ないと思っています。
私は牛糞堆肥や鶏糞など、厩肥を使わないようにしています。
それは餌に何を与えられているかわからないからです。
近くのホームセンターで買うか、富山の製造現場まで
軽トラでもらいに行きます。
万葉バーク 北陸ポートサービス

②ユキパー
ユキパーは岩手で作られる上質な魚かす、米ぬか、かにがら、
活性炭をライズ菌というもので完全発酵させたぼかし肥です。
魚かすのミネラルに富んだ動物性タンパク質が発酵により
アミノ酸となっています(HPより)。
とっても甘いいいにおいがします(^-^)。
こちらは通販で取り寄せます。
花巻酵素 ユキパー

③バイオポスト
バイオポストは土中の微生物を豊かにし、根や成長にいい影響を与えます。
高いので少しだけ植え穴に加えます。
ヴァラリス商会 バイオポスト

DSC01038.JPG
表面の雑草を鎌で削り、ただし根っこは決して抜きません。
次にホーラーでどんどん植え穴を開けていきます。
自然農ではホーラーのあるなしでずいぶんと作業効率が変わってきます。
そしてひしゃくなどで上記の資材を次々入れていきます。
(ホーラーについてはtoolsの項目を参照してください。)

DSC01039.JPG
穴の中の資材を土と少し混ぜて、ポット苗を植え付けていきます。
最後によけておいた雑草をマルチにして終了です。

本などでよく植える前に植え穴に水を入れていますが、あぐりんでは入れません。
自分で根を出す力を発揮させるために少し乾き気味の方が良いのです。
ポットの根鉢を崩さなければ影響ありません。
水分が多いと根を伸ばす必要が無くなってしまい、根の伸びがわるくなります。

DSC00041.JPG夏の雑草畑の様子

DSC00339.JPG自然農必須のホーラーとモーラー

DSC00051.JPG固定種ミニカボチャ「小菊」

DSC00115.JPG雨よけ栽培でたくさんのトマト

DSC00157.JPG立体栽培でたくさんの小玉スイカ

DSC00325.JPG雑草畑の様子

DSC00336.JPG雑草に埋もれて育つ鷹の爪

DSC00965.JPGキャベツは雑草があった方がむしろよく育つ。

DSC01242.JPG虫食いのない大きな葉のキャベツ

DSC01202.JPG飛騨の紅カブ

DSC01197.JPG固定種加賀野菜「打木源助大根」