how to かんたん分割式堆肥箱の作り方

agrin life how to > how_to > howto 堆肥箱2

あぐりんファームでのやり方とこだわり

かんたん分割式堆肥箱の作り方

分割式堆肥箱、というのは、枠が3段になったもので、
切り返しをするときに、非常に楽です。
一番上の枠を抜いて隣に置き、順番に中身を移動させてやれば
いいのです。

材料は、コンパネ(T1)2枚、180㎝程度の垂木などの角材2本だけ。
もし端材で50㎝程度の角材があれば、それも。
角材は3~4㎝程度で十分。
DSC01366.JPG
コンパネを縦横3等分にします。
コンパネのサイズは180×90㎝なので、60×30㎝の部品と
なります。
しかし、蓋用に1部分だけ60×60㎝に残しておきます。
すると、16枚の枠材と、1枚の蓋材ができます。
角材は30㎝の長さに切って、12本用意します。

これらはホームセンターで材料を買ったときに、一緒に切って
もらえば楽でしょう。道具が揃っていれば、自分でやっても
時間はかかりません。丸ノコとメジャー、墨壷があればできます。

コンパネ1枚800円、垂木なら1本200円くらい?。
合計2000円。

DSC01367.JPG
角材は、枠材と1㎝ずらして留めるので、
1㎝の所に墨線を引きます。

DSC01368.JPG
ビスで留めて1枚完成。
ビスは角材が3-4㎝なら、32㎜のコーススレッドで良いでしょう。


DSC01371.JPG
枠が1つ完成。
角材が枠より1㎝飛び出しています。
こうすることで、下の枠とずれないようにするのです。

DSC01373.JPG
全ての枠が完成。
3段なので、枠材が1段分、余ります。

DSC01376.JPG
60×60㎝に残しておいた部分が蓋になります。
そのままでもいいですが、ずれたり曲がったりしないように
端材の角材を両脇から6㎝離してビスで留めます。

DSC01380.JPG
全て完成。
防腐塗料は塗ってもいいけど、身体への害が
心配なので(という言い訳で)、塗りません。
コンパネは水に強いので、また朽ちたら新調します。

DSC01374.JPG
これはもう3年目になる堆肥箱。
まだ使えます。

DSC01382.JPG
さっそく資材を投入。
ここでは刈草を入れます。
落ち葉もたくさん取ってきてあります。

DSC01383.JPG
米ぬかを投入。
コイン精米機からたくさんもらってきました。

DSC01384.JPG
本当は水を入れながらやるのですが、面倒なので
雨が降るまで蓋をしないで、雨が降って中に浸透したら
蓋を閉めます。

一応、月に1回くらい、切り返しとなっています。
でも面倒なので、結構ほったらかし。

2009/11/29

DSC00041.JPG夏の雑草畑の様子

DSC00339.JPG自然農必須のホーラーとモーラー

DSC00051.JPG固定種ミニカボチャ「小菊」

DSC00115.JPG雨よけ栽培でたくさんのトマト

DSC00157.JPG立体栽培でたくさんの小玉スイカ

DSC00325.JPG雑草畑の様子

DSC00336.JPG雑草に埋もれて育つ鷹の爪

DSC00965.JPGキャベツは雑草があった方がむしろよく育つ。

DSC01242.JPG虫食いのない大きな葉のキャベツ

DSC01202.JPG飛騨の紅カブ

DSC01197.JPG固定種加賀野菜「打木源助大根」