how to 冬の施肥、米ぬかの散布

agrin life how to > how_to > howto 冬の米ぬか散布

あぐりんファームでのやり方とこだわり

冬の施肥、米ぬかの散布

あぐりんファームでは、耕しませんから土の中全体に堆肥や肥料を
混ぜる、という作業がありません。
その代わりに、植付時に植え穴に完熟のバーク堆肥やぼかし肥を
いれます。また冬には夏から秋の枯れ草で畝が覆われていますから
米ぬかを畝一面に散布して、発酵を促進し土を柔らかくします。
同時に冬の間、米ぬかがゆっくり分解し、春には良い肥料となるはずです。
寒い季節なので、米ぬかを散布しても、変な虫の発生は心配が
ありません。

DSC01385.JPG
コイン精米機をはしごして、米ぬかを集めてきます。
全然無いところもあるし、たくさんあるところもあります。
もちろん無料です。
作業服で行かないと、服に米ぬかが付いて大変です。

お米屋さんで買うと、ひと袋250円くらいで売ってくれます。

DSC01386.JPG
使っていない畝、一面にたっぷり散布します。

DSC01387.JPG
枯れ草をゆっくり分解してくれるはずです。
米ぬかは分解に働く微生物のエサになるのです。

雪が積もればなお良し。
雪の下にカビがびっしり。土を良くしてくれます。

来春が楽しみです。

DSC00041.JPG夏の雑草畑の様子

DSC00339.JPG自然農必須のホーラーとモーラー

DSC00051.JPG固定種ミニカボチャ「小菊」

DSC00115.JPG雨よけ栽培でたくさんのトマト

DSC00157.JPG立体栽培でたくさんの小玉スイカ

DSC00325.JPG雑草畑の様子

DSC00336.JPG雑草に埋もれて育つ鷹の爪

DSC00965.JPGキャベツは雑草があった方がむしろよく育つ。

DSC01242.JPG虫食いのない大きな葉のキャベツ

DSC01202.JPG飛騨の紅カブ

DSC01197.JPG固定種加賀野菜「打木源助大根」