自然農法での播種の仕方

agrin life how to > how_to > howto 播種

あぐりんファームでのやり方とこだわり

自然農法での播種の仕方

DSC00420.JPG
畝が雑草でぼうぼうになっているはずなので、
まずは草を刈らないといけません。
鎌でやってもいいのですが、ここは効率よく一気に
かたづける為に刈り払い機を使います。
一般的なU字ハンドルでもいいのですが、
細かい動作がしやすいループハンドルがお勧めです。
首からベルトは掛けずに、両手だけで支えて作業します。
私はマキタの4サイクルエンジンのものを愛用しています。

DSC00421.JPG
細かい作業がしやすいように、
チップソーは200㎜の小さいサイズを使います。
ホームセンターなどでは売っていませんので、
特別に注文するか、ネットで探します。
このサイズですと、畝間の雑草整理など、
作物をうっかり切ってしまうことが少なくなり
大変便利です。

DSC00422.JPG
畝の表面をざっと刈り払い機で刈り取り、
畝の横によけておきます。

DSC00424.JPG
次に鎌で畝の表面を刈り取ります。
すこし地面潜るように刈ります。
するとプチプチ根が切れる感触が
するでしょう。
表面を刈っただけでは播種した芽よりも
先に雑草が伸びてしまうので
生育に負けてしまいます。
土をすくっておくと、雑草の生育が
ずっと遅れます。


DSC00423.JPG
私は太田種苗で買った大きな鎌を
愛用しています。必ず研いでから使います。


DSC00425.JPG
瓶の底で蒔き穴を作っていきます。
私は条蒔きはあまり好きでなく、
たいていは点蒔きをします。
そうするとかたまって生えてきた芽を
選抜していくだけで、株間のことを
間引き時に気にしなくていいのです。
ここはダイコンを播種しますが、
ひと穴に5粒、輪を描くように等間隔に
蒔きます。


DSC00426.JPG
最後によけておいた草を被せて
終了です。
あんまり分厚く被せると芽が
徒長するかもしれませんので、
うっすら地面が見える程度が
良いでしょう。

これで播種は終了です。
程なく発芽し、雑草もゆっくり生えてきて
いずれちょうど良いバランスとなるでしょう。


DSC00041.JPG夏の雑草畑の様子

DSC00339.JPG自然農必須のホーラーとモーラー

DSC00051.JPG固定種ミニカボチャ「小菊」

DSC00115.JPG雨よけ栽培でたくさんのトマト

DSC00157.JPG立体栽培でたくさんの小玉スイカ

DSC00325.JPG雑草畑の様子

DSC00336.JPG雑草に埋もれて育つ鷹の爪

DSC00965.JPGキャベツは雑草があった方がむしろよく育つ。

DSC01242.JPG虫食いのない大きな葉のキャベツ

DSC01202.JPG飛騨の紅カブ

DSC01197.JPG固定種加賀野菜「打木源助大根」