うり坊工房の集塵システム

agrin life uribo-kobo > collecting dust

うり坊工房の集塵システム


うり坊工房では2種類の集塵システムを利用しています。
ひとつはフレキシブルな移動式クリーナー、もうひとつは固定式の集塵ダクトです。

CIMG2303.JPG
マキタの集塵機(乾湿両用)に5mのホースを繋ぎ、
オフコーポレーションで入手したOneida ダスト・デピュティーを連結。
さらにキャスター付き台を自作し場所を取らない一体化した
フレキシブルな集塵システムができました。
作業台で丸ノコを使うとき、ワークセンターを使うとき、床掃除をするときに使用します。

CIMG2304.JPG
もうひとつはJETの集塵機からスタートする、工房を半周するダクトです。
集塵機から65ミリのホースにまず変換し、横へ延長します。
ここで使うダクトは、オフコーポレーションで買ったキットと、硬質ダクトです。
硬質ダクトは径が10%ほど変えることができるし、自由に曲げた状態を保持できるので
大変便利です。

CIMG2305.JPG
最初に分岐し、一方は3mの長いダクトへ伸びます。
もう一方はそのまま窓枠沿いに進みます。

CIMG2339.JPG
この長いダクトは普段は上に吊るされて先に集塵フードを付けて
丸ノコの横に置いています。

CIMG2338.JPG
作業台の上から下ろして集塵したり、
自動かんな・手押しカンナ使用時に連結します。

CIMG2306.JPG
2番目の分岐はバンドソーへ。
バンドソーは長い材を挽くことがあるので、引き出して使うため長めにダクトを
とっています。
3番目の分岐はスライド丸ノコにつながっています。
65ミリのダクトとスライド丸のこは「テーパー段継手」を使っています。

CIMG2307.JPG
窓枠沿いに今度は上にダクトを伸ばし、天井付近で90度曲がり、
薪ストーブの煙突後ろをくぐって・・・、

CIMG2308.JPG
4番目の分岐は、一方は糸のこへ、もう一方はそのまま直進します。

CIMG2301.JPG
糸のこにも、テーパー段継手を使って連結しています。

CIMG2315.JPG
5番目の分岐は木工旋盤へ。
硬質ダクトは少し口を広げて、任意の曲げ具合で保持できるので
大変便利です。

CIMG2316.JPG
そして最後はボール盤に伸びて終了です。
この横に角のみ盤を置く予定なので、共有できるようにします。

ちなみにそれぞれ分岐したところにはシャッターが付いていて、
使わないところは閉じておけます。

CIMG2321.JPG
集塵ではないですが、天井にはJETのエアーフィルターシステムが
付いていて、舞い上がった微細な粉塵をキャッチします。
リモコンで操作します。

backnumber

CIMG2332.JPG工房紹介

CIMG2286.JPGトリトンワークセンター2000

CIMG2304.JPGJET集塵システム

CIMG2355.JPGイチイのお箸

CIMG2356.JPGカツラのバターナイフ