OPTIMUS 123R of agrin-life outdoor


HOME > OPTIMUS 123R

OPTIMUS 123R
オプティマス 123R

真鍮製は時間が経つといい味がでる。

DSC01027.JPG

このちっぽけなガソリンストーブはサイズはちっぽけだが、
その存在感はでかい。

蓋代わりにアルミのクッカーと取っ手が付いているが
いまだ使ったことのない不要物だ。取り払ってしまっても
いいのだが、何となく使いもしないのに常に被せている。
それよりもむしろ、スノーピークの深型クッカーに入れてしまった
方がいいだろう。

DSC01025.JPG

ケースはその深型クッカーに入れてもいいのだが、
たまたま水ボトル入れにいいものがあったので流用した。
ピッタリサイズだ。

DSC01029.JPG

これは実は不良品だ。
15年前には「初期不良」などという便利な言葉はあまり
使われていなかった。もし知っていたら、すぐに交換してもらって
いただろう。
バーナー部はタンクにしっかりねじ込まれていないため、
ノブを差し込むところが上の方に行ってしまい、ノブが差し込めない。
しょうがないのでヤスリで削った。

一度修理に出したような気がするが、あまり変わっていない。

DSC01031.JPG

やはりプレヒートは儀式で、じっくりやる。

ホワイトガソリンだけじゃなく、普通のガソリンも使えるらしい。
轟音をとどろかせて料理したあとは、驚くほどの静粛が待っている。

その"sound of silence"のなかで僕は静かに食事を楽しむ。