新富士バーナー G-STOVE of agrin-life outdoor


HOME > 新富士バーナー G-STOVE

新富士バーナー G-STOVE

ブック型、V字構造のコンパクトストーブ

トランスフォームするものにはなぜだかいつも惹かれる。
ブック型、アタッシュケース型、というのにもまた惹かれる。
世界初、というのにもまたまた惹かれる。
これは惹かれる要素満載のコンパクトストーブ。

DSC01034.JPG

コンパクトなケースを開けると、薄いアルミフォルムの本体と
本体のなかに収まるのかもしれないゴトクが出てくる。

DSC01035.JPG

本体を開くと、中にバーナー部が納められている。
平べったいバーナー部だ。

DSC01036.JPG

組み立てが慣れないと若干わかりづらいが、
本体スタンドとバーナー部を押し込んではめる。

DSC01038.JPG

燃料はホームセンターやコンビニでも入手できるカセットボンベだ。
値段が安いし、入手も簡単だ。
しかし、慣れないうちはあることに気がつかず、なかなかセットできない。
上の写真のように黒い部分を引き出してからはめて、はまったら
押し込んで、そして回転させる。
僕なんか毎回黒い部分を引き出さずに入れようとして、全然入らず、
不良品か?、専用のボンベじゃなきゃダメだったか?、と慌てる。
何回もグリグリやってるうちに、ハッと気がつく。
しばらくは覚えているが、そのうちにまた忘れる。

DSC01040.JPG

無事完成すると、V字型というか、逆W型のバーナーができあがる。

このアルミボディは反射板の役目もするし、テーブル面への遮熱板の役目もするし、
また風防の役目も果たす。火力も良いし、火力調節も良い。