ご飯の炊き方 of agrin-life outdoor


HOME > ご飯の炊き方

あぐりん的ご飯の炊き方

いかにおこげを作らないようにするか・・・?

ファミリーキャンプではもちろん、ソロ行でもかならずご飯を炊く。
温めるだけでできるご飯は、外で食べてもなんとなく味気ない。
ファミリーキャンプでも、妻は鍋でご飯が炊けないので、僕の仕事となる。

しかし、僕は「おこげ」が嫌い。
「焼きおにぎり」も嫌い。
なぜかというと、歯に詰まるから。
歯に詰まると、取れるまで噛み合わせが効かなくなるため
食事が噛めなくなる。噛める範囲で噛んで、あとは飲み込まなくては
いけなくなる。かといって、口の中に指を突っ込んで、爪で取るのも
人前ではちょっと困る。

だから、キャンプでの炊飯も、できればおこげを作りたくない。
しかも、おこげができると、思ったよりもご飯の量が少なくなるから困る。

DSC01068.JPG

炊飯での3種の神器がこれ。
プリムスのトースター、キッチンタイマー、計量カップ。

トースターで弱火で火加減を調整する。
タイマーできっちり時間を計る。
計量カップできっちり米の量に対する水の量を量る。


DSC01069.JPG

鍋にもこだわる。

今回使ったのは、snow peak ソロセット「焚」。
これがよいのはスミフロン加工してあるので、焦げにくく
ご飯がこびりつかないので、後片付けが楽であること、
底におこげができるが、底の面積が狭いので、できるおこげの
量も少なくなること、だ。
ちなみに同じソロセット「極」はチタン製で軽量だが、
スミフロン加工はしていない。

いつも愛用しているのは、ユニフレームの「fanライスクッカー」と
「fanライスクッカーmini」だ。これはご飯を炊く専用の鍋で、
ちょっと重めの蓋の「カタカタ」という音が、炊飯の目安となる。
炊飯に適した厚めのアルミである。僕はこれを他社のコッヘルセットに
組み込んだ。オートキャンプには必ず持って行く。


アルミの厚さは厚い方が良い。
チタンは軽いが、焦げやすい。

大きさはご飯を炊く量に合わせるべきだ。
1合なら小さいコッヘルを使う。
1合なのに大きいコッヘルを使うと、薄っぺらく火にあたり
おこげができた場合、食べるところが本当に少なくなる。

DSC01070.JPG

ここではガスストーブで1合を焚く。

水の量は、米の量に対して1.2倍。
ガスで炊くなら1.2倍。ガソリンなら1.3倍。
ガソリンストーブは火力調整が難しいから、少し多めにしておく。

お米が180ccとすれば、1.2倍なら水は約220ccとなる。

まずは水に漬けて30分待つ。
すぐ炊くと芯が残りやすい。

先に水に漬けておき、その間いろいろ食事の準備をする。

いよいよ炊飯に入る。
最初は強火で行く。
沸騰して蓋から湯気が噴き出してきたら弱火にする。

DSC01071.JPG

少し湯気が吹き出る程度に、火力を弱める。
僕は必ずプリムスやキャプテンスタッグのトースターを使う。
ストーブの弱火でもまだ強い。

コンパクトなガソリンストーブでは火力調整が難しいので、必須だ。
ユニフレームのカセットボンベのツーバーナーは非常に火力が
弱くできる。これならトースターは不要だ。

DSC01072.JPG

湯気がどんどん出て行ってしまうと、内圧も上がらないし
水分も逃げてしまう。
蓋の上に石などの重しを置く。
ここでは、(キャンプ場では絶対見つからない)木材の端材を置いた。

DSC01073.JPG

1合なら12分。2合以上なら15分。
タイマーできっちり計る。
時計を見てもいいのだが、絶対に時間が過ぎてしまう。
よっぽどヒマで、時計とにらめっこしていれば別だが。

タイマーが鳴ったら、蓋を開けて確認する。
「赤子泣いても蓋取るな」というが、それでも蓋を開けて確認する。

ぽつぽつと表面に穴があいていて、お米が立っていればベスト。
まだ水っぽいようならきっと火力不足。もう少し火をかけよう。

おこげの好きな人は、最後に好みに応じて強火にかける。
10秒間。

うまくいっていれば、火を止めて5分蒸らす。
10分蒸らすと冷めてしまう。

昔の飯盒炊さんならひっくり返して底を木の棒で叩く、らしい。

兵式の飯盒なんて、いまどき使うひとがいるのか?
と思っていたら、先日キャンプ場の炊事場で、兵式の飯盒を
洗っているひとを見た。きっと腰にぶら下げて歩いているのだろう。

兵式の飯盒は大型のスポーツ店で、シーズン中なら売っているかもしれない。
真ん中がくぼんだ形は、腰に下げて歩くのに工夫されている。
内蓋はお皿にもなるし、たしかすり切りで2合?だったか。
焚き火には似合う。ガスストーブには全く似合わない。
焦げるとなかなか取れない。しかもその形がさらに洗いにくさを手伝っている。

DSC01089.JPG

ふっくらご飯のできあがり。

おこげは・・・、少しできていた。

いつも同じコッヘルとストーブを使って、繰り返していくと
加減がわかってくるだろう。

鍋で炊いたご飯はとてもおいしい。
別に外で食べるからおいしい、のではなく、家で食べても
炊飯器よりもずっとおいしい。
だからいつも鍋(炊飯専用の鍋など)で炊いているひともいる。