アライテント トレックライズ0 of agrin-life outdoor


HOME > アライテント トレックライズ0

ARAI TENT TREK RAIZ 0 + TREK TARP

アライテント トレックライズ 0 + トレックタープ

究極の一人用テント1250g!、でもうっかりするとヤドカリに・・・。

アライテントのトレックライズの「0」は究極の一人用テントだ。
軽量・コンパクト・居住性は群を抜いている。

軽量・コンパクトという点ではビビーサックもいいかもしれないが、
ビビーサック単体での使用は難しい。タープが必要だ。
しかし、居住性はゼロ。しかも荷物は全部外。一晩中、何か不安だ。
以前、ビビーサックとタープでバックパッキングに行ったが、
そのときのキャンプは、過去怖かったキャンプ第1位に間違いなくなる。

ちなみに第2位は、前日他のライダーに怖い話を聞かされたうえ、行ってみたら
僕の他に誰もいなかった襟裳岬、第3位は人気のない初めてのどこかのキャンプ場。
タヌキに散々おどかされた。

さて、このトレックライズ0は重さ1250g、トレックタープは350g。
持ってみると本当に軽く感じる。

DSC01139.JPG

フレームは細く、軽い。「スカンジウム」というレアメタルを含有し軽量化と強度を
両立している。

DSC01140.JPG
ポールをスリーブに通す。デッドエンドになっているので、そこまで通して反対側をグロメットに差し込み立ち上げる。スリーブ式と吊り下げ式では、設営の簡単さでは吊り下げ式に軍配が上がる。風に対する強度としてはスリーブ式が勝るが、設営がやや手間だ。最近は吊り下げ式も、そのフックに工夫が凝らされ、風に対しても十分な強度が出るようになったから、やっぱり私は吊り下げ式が好きだ。

DSC01146.JPG
フライシートを被せる。ペグダウンすれば完成。

DSC01149.JPG
同じアライテントのトレックタープと相性バツグンだ。トレックライズの前半を包み込むように十分な前室が出来上がる。色も同じだ。

DSC01141.JPG
内部は幅75cm。荷物を置くとかなり狭い。最小限のテントだからしょうがない。

DSC01142.JPG
ベンチレーションはここだけ。やはり山岳テントだから、暑さ対策はそんなに必要ない。

DSC01159.JPG
収納サイズ。ここではトレックタープの支柱に、スノーピーク製を使った。実際にはトレッキングポールを使えばいい。

やっぱり安心のアライテントだけど、床の縫い目は自分でシーリング加工しなければならない。が簡単である。