ノースフェイス フィーニクス2 the NorthFace Phoenix2 of agrin-life outdoor


HOME > ノースフェイス フィーニクス2 the NorthFace Phoenix2

the North Face / Phoenix 2

ザ・ノースフェイス フィーニクス2

ノースフェイスのテントは初めて買った。
しかもシングルウォールも初めてだ。
雑誌に紹介されていて、そのレビューが、
「我慢していない」「近未来的」「ゆるふわ系」とのこと。

CIMG6244.JPG
シングルウォールと言うと、結露がすごい、前室がない、設営は簡単だが意外と重い
というイメージがあるが、これにはそれらが当てはまらない。

スペックは、
シーズン : 3  定員:2
重量 : 1640 g 収納時サイズ:50 x 17 cm サイズ:216 x 132 x 99 cm
床面積:2.9m2 前室面積:0.6m2 x 2

まず重さ。定員2名だが、ソロテントとしても1.6kgなら許容範囲。
ソロテントとして使う場合、室内は十分に広い。

二人用として使う場合、インナーとフライに分けて分担して持つ、という
ことができない。強いて言えば、一人が本体、もう一人がフットプリントとポール、
という組み合わせか。多少不公平が出るかもしれないが、他の共用装備で調整する。

CIMG6245.JPG
前後がオールメッシュだ。
つまりは側面は防水透湿素材だが、前後がメッシュ。
そのまた前室の前後壁は防水透湿素材かは不明。
風通しは非常に良い。
したがって結露はしにくい。
ただし寒かったり、埃っぽいかもしれない。
前後とも出入りができるので、2人で使う場合は便利かもしれない。
前後がメッシュなのは、日本人としては非常に不安だ。
最近いくつかの海外メーカーが日本向けにノーメッシュにモデルを変更している。

CIMG6436.JPG
色はシルバーだが、光を反射して夏涼しいテントではないだろうか。
アブなどの虫は寄りにくいと思われる。
ただ愛着のわく色ではない。

設営は至って簡単。
テントを広げて、ポールを四隅に差し込み、フックを引っ掛けるだけだ。
ものの5分で設営完了。
フックも外れにくいように工夫されているため、風に対する強度も良いだろう。

CIMG6434.JPG
8月最初に五箇山で使ってみた。
夜でも相当暑かったが、前後開放しメッシュで寝たら、夜中寒かった。
寝るときは暑くて寝袋も着ていなかった。
夜中に目覚めて、体がベタベタして暑いような、それでいて寒いような微妙な感じは
あまり気持ちのいいものではない。
9月連休の立山ではちと寒いだろう。

メッシュでも気にしない人にはオススメ。
MSRも結構メッシュだしね。