NEMO TANI2P ニーモ タニ2P of agrin-life outdoor


HOME > NEMO TANI2P ニーモ タニ2P

NEMO / TANI2P

ニーモ / タニ2P

比較的新しいアウトドアブランドNEMO。
そこから日本限定仕様のテントが大人気だ。
TANI2PとANDI JP。
どちらも2人用のテントだが、TANIがダブルウォール、ANDIがシングルウォール。

立山に6歳の娘とテント泊トレッキングに行くのに、自立式で軽量なテントを検討し、
このNEMOのTANI2Pに決定した。

ところが、大人気で入手困難。ネットサイトではどこも売り切れ。
あきらめて今回の立山山行は別のテントで行く事にして、来年シーズン始め用に
好日山荘で注文しておくことにした。店長らしき人が本部に(?)電話して確認すると、
そしたらなんと間もなくグループ全体での入荷予定があり、1個押さえることに成功。
ただしフットプリントは期待できなく、予約すらできないと。

そしてその夜、WILD-1のネットショップで、偶然フットプリントが入荷!即注文した。
数日後、サイトを見てみると、もう売り切れていた。ラッキーだ。

スペックは、
就寝人数:2人 
最小重量:1.47 kg
本体素材:20Dナイロン 
フライ素材:20D PUナイロン
フロア素材:30D PUナイロン(5,000㎜)
フロア面積:2.86㎡ 
前室面積:0.7㎡

CIMG7062.JPG
今回立山に持っていくテント周り一式。
NEMO TANI2P、フットプリントは中に入れた。前室用にツェルトフライ、自作したメッシュアンカー、テント内のアルミシートと前室に敷くピクニックシート、木槌。

CIMG7133.JPG
テント本体が見にくいけれど、設営は四隅に2本のポールの先端を差し込み、インナーを吊り下げる。フライシートを引っ掛けてペグダウンすれば終了。ポールは真ん中で可動式に連結されており、X型に広げるだけだ。

CIMG7138.JPG
立山・雷鳥沢のテント場について、雨の止んだ隙を突いて速攻でたてることができた。

雨が再び強く降りだして、娘と中に入って一服した。だが、なにかおかしい・・・。フライに妙に違和感を感じる・・・。
CIMG7139.JPG
雨が再び降り出しそうになるのにあわててテントを建てたとき、フライシートの裏表をこの「Nマーク」で判別しインナーにかけた。もちろん色が濃く印刷されている方が表だろう、普通。
ところが違うのだ。色が濃いほうが裏、薄くて裏みたいなのが表。ん??僕が買ったこのテントの製造ミスなのでは??と思ったが、どうもそうではないようだ。翌朝、テント場を見渡して同じTANI2Pを見つけた。見てみると、やっぱりNマークは薄い印刷だ。

CIMG7142.JPG
僕のテントのすぐ向かいにANDI JPが2つ。あれ?、Nマークは濃い。

どうもTANI2PのNマークは薄く、ANDI JPのNマークは濃いようだ・・・。

CIMG7260.JPG
さて、内部は天井に四隅と真ん中にループがあり、細引きをX字に張った。帽子やタオルを干すことができる。ループが5ヶ所あるので、好きなところにランタンを吊るせる。

ベンチレーターも十分で、通気性も良い。前室も十分で、靴や濡れたザックカバー、調理器具等置いておける。

フルメッシュは日本では居心地が悪いが、このJPモデルは前後のフルクローズできるメッシュ以外はノーメッシュなので季節を問わず安心感が違う。

ダメなところを探そうとしても見つからない、NEMOチームが本気で日本の山岳テントを作った。これはいいテントですよ。