大木製作所 アルポット of agrin-life outdoor


HOME > 大木製作所 アルポット

大木製作所 / アルポット

強風時でも沸かす・煮る・炊くができるアルコールストーブ

僕のご飯を炊くスタイルは様々だ。
シングルバーナーと鍋でシンプルに炊く、焚き火で飯盒を使って炊く、
ガス炊飯器で気楽に炊く。
鍋も、普通のクッカー、ユニフレームの炊飯専用クッカー、トランギアのメスティンなど
その時の気分や装備で使い分ける。
新しくその仲間に入りそうなのが、大木製作所のアルポット。アルコールで炊くのだ。
まだ実戦投入していない。

CIMG6399.JPG
構造は、取手付きの外筒、鍋となる蓋付きの内筒、
底の部分はつまみで取り外せるバーナー部。

CIMG6406.JPG
バーナー部はアルコール規定量投入して、着火。
本体を取り付ける。
アルコール量は規定量いれれば、ご飯を炊くのには間に合う。

CIMG6404.JPG
ご飯を炊くために買ったのだから、まずご飯を炊いてみる。
お米とお水を入れたら、沸騰するまで待つ。
そして、驚くことに・・・、

CIMG6405.JPG
「赤子が泣いても蓋取るな」と言われている炊飯において、
なんと、「沸騰したら蓋を取れ」と説明書に書いてある。
蓋をとって、グツグツが無くなるまで待つ。
グツグツが無くなったら、今度は蓋をして、蒸らす。

CIMG6409.JPG
できた。
時間にして20分くらい。

CIMG6410.JPG
おこげもなく、それほど芯も残ってなく(極多少はあった。)、まぁまぁ炊けている。
レトルトカレーを食べた。

CIMG6398.JPG
これはJetBoilのアルコール版だ。
閉鎖された空間内でアルコールが燃え、熱の損失が非常に少ない。
しかも外筒があまり熱くならない。
アルコールストーブではあまり調理しようとは思わないが、これなら調理できる。

ただ、内筒の鍋が細長く、底の方までスプーンが届きにくい。
洗う時も洗いにくいが。
内筒と蓋だけ別売りもしているので、用途によって複数用意できるのは良い。

バックパッキングに持って行くにはかさばる。
バイクツーリングでも、ちょっと・・・。
オートキャンプならちょっと気分を変えて持って行こうとは思える。
思ったより機会が限られるのが残念。