BioLite CampStove バイオライト キャンプストーブ of agrin-life outdoor


HOME > BioLite CampStove バイオライト キャンプストーブ

BioLite CampStove /バイオライト キャンプストーブ

これはまさに小さな火力発電所だ!

夏の終わりにモンベルから届いたメールマガジンに気になる新商品を見つけた。
ネイチャーストーブのようだが、同時に発電しUSBから充電ができるという。
これは!、と思い早速注文予約した。
発送は12月中旬とのことだったが、11月初旬に届いた。

CIMG7938.JPG
外箱は簡素なリサイクルダンボール。
思ったよりも小さい。隣はナルゲンの1Lボトル。

CIMG7940.JPG
箱を開けてみると、専用のナイロン袋にストーブが入っている。
ストーブの内筒に発電のモジュール部が収まっている。

CIMG7942.JPG
収納状態のサイズは、ナルゲンボトルより一回り大きいくらい。
これならバックパックのサイドポケットに入る。

CIMG7944.JPG
発電モジュール部を取り出し、それを側面に取り付けて、
その後に3本の足を引き出すと、モジュール部が固定される仕組みに
なっている。

CIMG7946.JPG
さて、燃料として用意したのはそのへんに落ちていた木の枝と、薪を割った時に
出た焚きつけ用の木の破片。

CIMG7949.JPG
着火剤を底に入れて、5~6本つめ込む。
奥で着火できないので、長いチャッカマンみたいなものが必要。

CIMG7952.JPG
モジュール部には充電池が内蔵されており、
初期の段階では既に充電済み。
火をつけて10秒過ぎてから、電源を入れるとファンが回り出す。
まずはLoで。すると火が一気に立ち上がる。
火を付けてすぐにファンを回すと、風力で火が消えてしまう、と
説明書にあり。

CIMG7962.JPG
ファンをHiにすると、ものすごい火力になり、火柱が立ち上がる。
火力は薪の量と、ファンのHi-Loで調整する。

CIMG7954.JPG
では、その能力を試すために、お湯を沸かしてみることにした。
DUGの焚き火缶に500mlの水を入れて、沸騰するまでの時間を計測。

CIMG7964.JPG
用意した薪の量はこれだけ。

CIMG7957.JPG
ゴトクが3ヶ所支点になっており、その隙間から火柱が立ち上がる。
ファンはHiでは無駄に炎が出て、鍋に火が当たっていない。
Loで十分である。

CIMG7965.JPG
途中で薪が足りなくなり、一度鍋を下ろして薪を継ぎ足す。
継ぎ足すと火が一度収まって、煙がもうもうと出るので、
ファンをHiにして、火が立つのを待つ。

CIMG7972.JPG
再び鍋を乗せて、ファンをLoにして、沸騰。
時間は、最初に鍋を乗せてから5分から6分。
もう一度繰り返したが、やはり途中で薪を足さないといけないようだ。

CIMG7973.JPG
残った薪の量はこれだけ。
最初に用意した薪の量から、大体の必要量が推定できる。

CIMG7967.JPG
薪はあまり長いと鍋がゴトクに乗らなくなる。
大体15cm以内でないとはみ出る。

CIMG7975.JPG
一度に入る薪の量はこれくらい。
だいたい5分くらいで薪の継ぎ足しが必要になる。

CIMG7982.JPG
必要な小物は、先の長いチャッカマン、薪の長さを揃える剪定バサミ、薪を扱うミニトング。すべて無くてもなんとかなる。
着火剤は無くても、ティッシュや新聞紙を丸めたもので代用できるし、
併せて松ぼっくりでもあれば最高だ。
ただ薪が湿っている場合は、着火剤があったほうが安心だろう。
剪定バサミは無くても手で折ればいいが、少し太めの薪だと手が痛くなる。
ミニトングは手をやけどしないためにあったほうがいいが、
軍手があればそれでもいいかもしれない。

CIMG7977.JPG
今度は「卓上」で焚き火を楽しむ。
薪を詰め込んで、

CIMG7979.JPG
ファンの力で燃え上がる。
本体の下に手を入れても全然熱くない。
だから薪をあまりはみ出ないような長さにして入れれば、
テーブルの上でも焚き火を楽しむことができて
暖もとれる。
長い薪を入れてしまうと、途中で折れて、燃えながらこぼれてしまう。

CIMG7984.JPG
薪を継ぎ足したとき火がおさまると、煙がもうもうとでる。
テーブル上でも使えそうだといっても、
メッシュシェルター内での使用は難しいかもしれない。

CIMG7986.JPG
付属でついているUSBケーブル。

CIMG7969.JPG
本体に電気が蓄えられ、緑のランプが点灯すると
外部への充電が可能となる。

CIMG7997.JPG
本体の仕組みは発電モジュールの突起部で熱を電気に変換するらしい。
その電気を使ってファンを回す。ファンはモジュールのお腹部分の穴から
燃焼筒に風を送る。風は燃焼筒の壁の中を回って内部に吹き出す。
余剰電力が内部バッテリーに充電される。

CIMG7998.JPG
収納時、そのモジュールの突起が非常に邪魔だ。

CIMG7985.JPG
バックパックのサイドポケットに入るといっても
重さが1キロ近くあるので、バックパッキングに持って行くにはちと辛い。
バイクツーリングには最高だ。
ファミキャンで、夜中にこっそり楽しむにもいいかも。

携帯電話はiPhoneの場合、20分充電で1時間通話できるらしい。
エネループのUSB充電器では、単3電池1本満充電に140分かかるので、
ちょっと非現実的だ。
携帯電話以外の外部への充電機能は非常用として考えたほうがよさそう。

電池の要らない、ファン付きのネイチャーストーブとしては楽しい道具だ。

スペックは、
【素材】ストーブ:ステンレス
【総重量】947g
【カラー】カラーなし
【サイズ】ストーブ:直径127mm×高さ210mm(収納寸法)
【火力】3.4kW(低回転)、5.5kW(高回転)
【USB出力】2W@5V(持続可能最大)、4W@5V(最大時)
【内蔵電池】650mAh(3.7v) リチウムイオン電池
【耐荷重】3.6kgもしくは3.7lの液体
【付属品】付属ケーブル(パワーモジュール充電用 USB)、収納袋、ファイヤーライター(着火剤)

モンベルのサイト
BioLite社のサイト