SIGG FIRE-JET of agrin-life outdoor


HOME > SIGG FIRE-JET

SIGG FIRE-JET (シグ ファイアージェット)

轟音とともにジェットが飛ぶ・・・

今はもう廃盤になってしまったらしい。
このSIGGのFIRE-JETは、スイスのボトルメーカーが作った
ホワイトガソリン、自動車用ガソリン、灯油が使えるガソリンストーブだ。
ある意味最強のストーブだろう。
買ってからもう15年以上経つだろうか。

DSC00974.JPG

僕はこいつを、バイクの旅に携えていった。
バイクの旅だから、もちろんこのストーブにはガソリンを使った。
ホームセンターで魚のポンプ用チューブを購入し、
バイクのガソリンタンクからチューとガソリンを途中まで吸い、
先をつまんでSIGGのボトルに差し込む。すると
重力であとはボトルがガソリンで一杯になるのだ。

DSC00976.JPG

このデザインが最高だ。持っているだけで満足できる。
ジェットのウイングを開き、離陸準備に入る。

DSC00980.JPG

プレヒートにはコックをひねってガソリンを出してもいいのだが、
煤だらけになってしまう。僕は必ずチューブ燃料を使う。
燃えかすがごくわずかだし、本体が煤で汚れることがない。
プレヒートが完了したら、いよいよ離陸だ。

DSC00981.JPG

コックはオフから徐々に回していけば火力調整ができるはずだが、
全く変わる気配がない。このFIRE-JETには火力調整などという
機能はないのだ。オンかオフか、飛ぶか飛ばないか、どちらかだ。

火力調整したければ、そっちで何とかしろ、ということか。
だからご飯を炊くときなど、必ずプリムスのトースターが必要だ。

DSC00992.JPG

翼を閉じて格納庫に入る。
ボトルとをつなぐホースも丸めて入れる。

DSC00995.JPG

しかしなぜか、ボトルの頭に付けるポンピング部が入らない。
おそらくはボトルに付けっぱなしにしておけ、ということか。
僕はそれでも取り外して、新聞紙にくるんでビニール袋に
しまっておく。