自分で建てる小屋 農作業収納小屋 水盛り遣り方

agrin life self-build > sefl-build 01-04

ひとりで建てる、キットハウスの小屋

最初の最初、場所決め2009/11/15
キットハウス到着!2009/11/22
独立基礎の穴掘り2009/11/22
水盛り遣り方2009/11/22
治具・イーゼル作り2009/11/25
基礎工事2009/11/29
基礎の完成!2009/11/29
ケミカルアンカーと土台設置2009/12/13

2009/11/25

水盛り遣り方

今日は午後から畑で作業を。

DSC01310.JPG
まず遣り方ですが、基礎を置く予定の位置から50センチ離して
杭を打ちます。

DSC01311.JPG
水盛りは透明のホースを使ったり、水盛り缶というのを使いますが、
ここでは全く一人の作業なので、電子式のものを入手し使いました。
本体を杭に固定し、基準となる高さを決めておきます。

DSC01312.JPG
本体には透明のホースがつないであり、あらかじめ水を充填して
おきます。

DSC01313.JPG
この電子式の水盛りでは、ホースの水面が基準の高さと同じになると
ブザーが鳴ります。ホースの長さは15メートルですから、
離れた場所でも一人で水盛り作業がスムーズに進みます。

DSC01314.JPG
ブザーが鳴ったらその水面に合わせて杭に印を付けていきます。

DSC01316.JPG
全ての杭に印が付いたら、その印に上面を合わせて
木材をコーススレッドで留めていきます。
これで全ての面において基準点と同じ水平の高さがでました。

基礎石を設置する作業では、この水平面を基準に高さを測定し
進めていきます。

DSC01315.JPG
今回使ったのは「シンワ 電子水もり管A15mホース付」4950円。
水盛り缶も同じような値段ですから、こちらの方がいいと思います。

小屋作りダイジェスト

DSC01388.JPG基礎完成

DSC01421.JPG丸太土台設置

DSC01476.JPG駆体工事

DSC01499.JPG棟上げ

DSC01950.JPG野地板

DSC01996.JPG屋根完成

CIMG0014.JPG壁工事

CIMG0092.JPG

CIMG0100.JPGドア

CIMG0390.JPG内装完成

CIMG0392.JPG外壁完成

CIMG0406.JPGデッキ完成

CIMG0581.JPG塗装

CIMG0809.JPG完成!