自分で建てる小屋 農作業収納小屋 砕石・捨てコンクリート投入

agrin life self-build > sefl-build 01-06

ひとりで建てる、キットハウスの小屋

最初の最初、場所決め2009/11/15
キットハウス到着!2009/11/22
独立基礎の穴掘り2009/11/22
水盛り遣り方2009/11/22
治具・イーゼル作り2009/11/25
基礎工事2009/11/29
基礎の完成!2009/11/29
ケミカルアンカーと土台設置2009/12/13

2009/11/29

砕石・捨てコンクリート投入と排水マス設置

今日は、いよいよコンクリート作業です。
生まれて初めてコンクリートを練ります。

DSC01327.JPG
まずは掘った穴の底に砕石を10センチほどの厚さに
投入します。(実際は一穴に一袋)

DSC01336.JPG
入れてならしたした後、ダンパーで平らにします。
タコの方が持ち手が二本あって、操作がしやすそうです。

DSC01337.JPG
きれいに平らになりました。
足で踏んだだけとは大違いです。

DSC01338.JPG
さぁ、いよいよ、コンクリート作業です。
使ったのはセメントと砂と小石が最初から混ぜてある
基礎用ドライコンクリート。

DSC01340.JPG
容量25㎏に水3.5リットル混ぜれば、13リットルのコンクリートが
できあがります。セメントと砂、砕石を別々に買う必要がないので
とても便利です。

DSC01342.JPG
フネと練りクワ、計量できる園芸バケツ、
写真にないけどコンクリートシャベルとコンクリ用バケツ。

DSC01343.JPG
袋を開けて、真ん中をくぼませ、水を何回かに分けて入れる。
入れて練って、入れて練ってを繰り返す。

DSC01344.JPG
最後の方で、急に水っぽくなる。
そば打ちみたいだ。そば粉を練るときも最後のちょっとの差で
粘りが大きく変わってしまう。
最後の方を適当にやっていると、ビシャビシャのコンクリートに
なってしまう。

DSC01345.JPG
穴に投入。
コテで端っこの方を少しならすが、コンクリートが液状なので
入れただけで水平になります。

これで穴の中に水平を確保できました。

DSC01346.JPG
しかし、コンクリ練り作業は腰に来る・・・。
というわけで、買っておいた攪拌機登場!!
マキタ製。一気に作業が進みます。

DSC01348.JPG
一穴一袋で、全ての穴に捨てコンクリートが入りました。

DSC01349.JPG
基礎石の代わりになる溜めマス(排水マス)を置いてみます。

ここで、困ったことが!!
本当は入れたコンクリートが柔らかい状態で、マスの高さ出しを
調整しようと思っていたのですが、6つめの穴の作業が終わったとき
はじめの方の穴のコンクリートが大分固まってしまっていました。

ですから、マスを押し下げて高さを合わせることができず、
コンクリートの上に砕石を敷いてマスの高さを調整することに
なりました・・・。

DSC01350.JPG
原寸大治具登場!
設計図の長さに計った木材を使って、基礎石の位置を確認します。
この治具があれば、位置の確認が簡単にできます。

DSC01351.JPG
本当は順番が違うのですが、遣り方から水糸を張ります。

DSC01353.JPG
前回作った逆T字の治具で、マスの上面から水糸までの
長さを測り、治具に印を付けます。
一個一個、水糸からの距離が治具に付けた印と同じ高さか
チェックしていきます。

DSC01354.JPG
深ければ砕石を入れて、浅ければ捨てコンクリートに押し込みます。
この作業を1カ所ずつ、コンクリート投入とマス設置と交互にすると
良かったのだと後から気がつきました。コンクリートが固まってしまうと
マスを押し込むことができません。

DSC01355.JPG
1、一個一個のマスが、設計図通りの位置にあるかどうか、
2、一個一個のマスが、水平かどうか、
3、全てのマスが同じ高さかどうか、
無事、確認できました・・・。

次は溜めマスの中にコンクリートを詰めます。

小屋作りダイジェスト

DSC01388.JPG基礎完成

DSC01421.JPG丸太土台設置

DSC01476.JPG駆体工事

DSC01499.JPG棟上げ

DSC01950.JPG野地板

DSC01996.JPG屋根完成

CIMG0014.JPG壁工事

CIMG0092.JPG

CIMG0100.JPGドア

CIMG0390.JPG内装完成

CIMG0392.JPG外壁完成

CIMG0406.JPGデッキ完成

CIMG0581.JPG塗装

CIMG0809.JPG完成!