自分で建てる小屋 農作業収納小屋 ケミカルアンカーと土台設置

agrin life self-build > sefl-build 01-08

ひとりで建てる、キットハウスの小屋

最初の最初、場所決め2009/11/15
キットハウス到着!2009/11/22
独立基礎の穴掘り2009/11/22
水盛り遣り方2009/11/22
治具・イーゼル作り2009/11/25
基礎工事2009/11/29
基礎の完成!2009/11/29
ケミカルアンカーと土台設置2009/12/13

2009/12/13

ケミカルアンカーと土台設置

久しぶりに作業です。
今年中にできるかどうか・・・?

今日は基礎にアンカーの設置と、その上に土台の設置です。

DSC01410.JPG
で、その前に資材をいったんばらさないといけません。
トラックから降ろされた資材の一部を分けて、
土台と床の骨組みを現場まで移動させました。
土台はものすごく重い!抱えて立つのがやっとです。
そこで運搬車登場!

DSC01412.JPG
基礎に穴を開けてケミカルセッターでアンカーボルトを埋めるのですが、
基礎のどこに穴を開ければいいのかわからないので、まずいったん
土台を全て乗せて、位置を確認しました。
土台には穴が既に開いていて、土台同士の穴の位置を合わせればいいので
それを基に、基礎に開ける穴の位置を決定しました。

DSC01413.JPG
アンカーはケミカルセッターという化学反応でアンカーを固定する
方法をとります。
用意するのはケミカルセッター(旭化成)、14㎜か14.5㎜の
コンクリートドリル。

DSC01414.JPG
コンクリートドリルで先日作った基礎に深さ11㎝の穴を掘ります。
そしてブロワーで穴の中のコンクリート粉を吹き飛ばします。

真っ直ぐ穴を開けるのは、意外と難しい・・・。
アンカーを試しに入れて、真っ直ぐかどうか見た方がいいと思います。

DSC01416.JPG
その穴にケミカルセッターを入れます。
穴の深さが11㎝なのは、ケミカルセッターの長さが11㎝だから
なのでしょうか。
入れる方向がありますので注意。
先が丸い方を下にして入れます。

DSC01417.JPG
そこにアンカーを当てて、金槌で軽く打ち込んで行きます。
打つとケミカルセッターが割れてアンカーが中に入っていきます。
同時に液体があふれてきます。

強く打つとアンカーの先がつぶれて、ボルトが回らなくなりますので、注意!

DSC01419.JPG
あふれた液を拭き取って完了。
数十分で固まるようですので、すぐ次の作業に入れます。

DSC01420.JPG
穴にぴったりはまり、一安心。
これで基礎と土台が固定されました。
強風でも安心です。

DSC01421.JPG
全ての土台を設置。
ボルトセットで軽く仮固定しておきます。

もう日の暮れなので、ここで終了し、次回に
水平や位置の確認をするつもりです。

いよいよ本体に入っていきます!
基礎は本当に大変で、時間をかけて慎重に行いました。
これからはスイスイ進むはず??

小屋作りダイジェスト

DSC01388.JPG基礎完成

DSC01421.JPG丸太土台設置

DSC01476.JPG駆体工事

DSC01499.JPG棟上げ

DSC01950.JPG野地板

DSC01996.JPG屋根完成

CIMG0014.JPG壁工事

CIMG0092.JPG

CIMG0100.JPGドア

CIMG0390.JPG内装完成

CIMG0392.JPG外壁完成

CIMG0406.JPGデッキ完成

CIMG0581.JPG塗装

CIMG0809.JPG完成!