自分で建てる小屋 農作業収納小屋 やっと屋根工事

agrin life self-build > sefl-build 01-11

ひとりで建てる、キットハウスの小屋

最初の最初、場所決め2009/11/15
キットハウス到着!2009/11/22
独立基礎の穴掘り2009/11/22
水盛り遣り方2009/11/22
治具・イーゼル作り2009/11/25
基礎工事2009/11/29
基礎の完成!2009/11/29
ケミカルアンカーと土台設置2009/12/13

2010/03/30

3ヶ月ぶりの作業再開!!やっと屋根工事(妻壁~野地板)
有給休暇1日目(快晴)

前回の作業はいつの日だったか・・・?
12月30日に棟上げしてから、はや3ヶ月。
今年は大雪に見舞われ、雪に埋もれて作業は中断。
3月に入って雪は消えたが、こんどは家の工事が始まり
ファーム内の薪や原木の片付けがあり、それも済んで
ようやく再開となりました。

今回は有給休暇をとって、一気に仕上げるつもりだったが・・・。

DSC01944.JPG
さて、はじめは妻壁。
三角形や台形の部材が、既に親和木材工業さんで作られ
キットに含まれています。

が、これが困ったことに冬の間湿気を吸って変形し、部品も剥がれて
ひどいことになっています。
それで、釘で直したり、うまく収まらないのをノコギリで切ったり・・・。
これだけで数時間かかり、初日の午前中は終了。
柱との間にも隙間ができて、また後日なんとかしないといけません。

しかし、ひと冬でバラバラになるのは、もともとの作り方に問題が
あるのでは・・・?ここは無理に杉板で作らず、合板の方が
良いのでは、と思いました。構成されているパーツが細かすぎます。

DSC01946.JPG
次はようやく屋根です。
加工されて3層構造になった野地板を屋根に載せて
ビスで留めていきます。

張った野地板に最初乗って作業しようと思っていましたが、
高いところが怖い・・・。
足がすくんで情けない状態になっているので、作業が進まず
あきらめて脚立を移動しながら地道に張っていきます。

DSC01948.JPG
無事に前後全て張り終わり。
脚立の移動に無駄に時間と労力がかかっています。

DSC01950.JPG
次に破風板と軒水切り板を取り付け。
破風板は既にカットしてあるので、ビスで留めるだけ。

水切り板はどの部品なのかわからず、親和木材工業に電話して
確認。
マニュアルがわかりにくくて、しばしば悩みます。
他社の様にユーザーからフィードバックして、改善していって
欲しいですね・・・。

1日で屋根完了、の予定が今日はこれで時間切れ・・・。
やはりたった一人の労働力って、こんなもんですかね。

小屋作りダイジェスト

DSC01388.JPG基礎完成

DSC01421.JPG丸太土台設置

DSC01476.JPG駆体工事

DSC01499.JPG棟上げ

DSC01950.JPG野地板

DSC01996.JPG屋根完成

CIMG0014.JPG壁工事

CIMG0092.JPG

CIMG0100.JPGドア

CIMG0390.JPG内装完成

CIMG0392.JPG外壁完成

CIMG0406.JPGデッキ完成

CIMG0581.JPG塗装

CIMG0809.JPG完成!