自分で建てる小屋 キットハウス 壁工事

agrin life self-build > sefl-build 01-14

ひとりで建てる、キットハウスの小屋

最初の最初、場所決め2009/11/15
キットハウス到着!2009/11/22
独立基礎の穴掘り2009/11/22
水盛り遣り方2009/11/22
治具・イーゼル作り2009/11/25
基礎工事2009/11/29
基礎の完成!2009/11/29
ケミカルアンカーと土台設置2009/12/13

2010/04/04

壁工事、カビが生えて傷んだ壁材・・・。


壁の工事は、短時間でちょくちょく合間を見て
進めています。
が、ひどいことになっているのです。

DSC02020.JPG
柱に溝が掘ってあって、底にD型の中空壁材を
はめ込んでいきます。
簡単なようですが、実はとんでもないくせ者です。

DSC02021.JPG
まず、柱がゆがんでいるのか、溝に入らない!!
専用の棒を柱にはめて、広げても入らないことが。
しかも材にカビが!!

今年の大雪で、材料をブルーシートでくるんでおいたけど、
やはり湿気でゆがんだり、かびたり・・・。

DSC02024.JPG
周りをブルーシートで囲って、小屋内で材を乾かしています。
黒カビが点々と見えます。

どうしても入らないものは加工しながら進めていきます。
はめていくだけという簡単な作業の様に見えますが、
苦労しながら1枚1枚なんとかはめ込んでいきます・・・。

こういう事を考えると、2×4工法の方が素人にはいいですね。
親和木材さんのキットハウスは、季節と工期をよく検討した方がいいです。
一人で長期間かけて仕上げるのには向きませんね。

2010/04/14

壁工事、その後は順調に作業


CIMG0014.JPG
一部なかなか入らないパネルは、グラインダーに木材用のディスクを
取り付けて、一部削ってやるとうまく入りました。
他の部分では簡単にパネルが入って、1列15分程度で
意外とスムーズに作業が進んでいきます。

CIMG0013.JPG
窓を入れるところ以外は最上段一個手前まで組み込み完了。
最上段は空いていても雨が入らないので、作業は後回しです。

CIMG0016.JPG

2010/05/07

最上段の部材はめ込み

CIMG0316.JPG
壁の最上段は4つの部材からなるものをはめ込んで行きます。
上下に1枚ずつ、中と外に1枚ずつ貼り付けます。
角の部分はお互い干渉するので、部材をはめる順序を
考えないといけません。
そのことは説明書に書いてありませんので、はじめ失敗して
また釘を抜いて、やり直すはめになります。

CIMG0318.JPG
窓枠の上は、部材を切断して、高さを調整しないといけません。
そのことも説明書に書いてありませんので、自分で
判断してやらないといけません。

CIMG0321.JPG
なぜか隙間だらけ・・・。
部材のサイズがちょっとずれているような。
あとでコーキングしないといけませんね・・・。

CIMG0323.JPG
最上段の部材は、なんだか取って付けたような感じ?

CIMG0390.JPG
室内はとてもいい雰囲気です!

CIMG0392.JPG
これで壁は完成。

2010/05/12

床の取り付け

CIMG0385.JPG
床は屋根と同じく層構造になったパネルをはめ込んで行きます。
が、やはりゆがんでいるのか、ちゃんとはまりません・・・。
少々隙間があっても、とりあえずふさがっていればOK,として、
隅に巾木を取り付けて床は完成。

室内はあとドアのノブと窓の鍵で終了です。






小屋作りダイジェスト

DSC01388.JPG基礎完成

DSC01421.JPG丸太土台設置

DSC01476.JPG駆体工事

DSC01499.JPG棟上げ

DSC01950.JPG野地板

DSC01996.JPG屋根完成

CIMG0014.JPG壁工事

CIMG0092.JPG

CIMG0100.JPGドア

CIMG0390.JPG内装完成

CIMG0392.JPG外壁完成

CIMG0406.JPGデッキ完成

CIMG0581.JPG塗装

CIMG0809.JPG完成!