2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~水盛り遣り方

agrin life self-build > 2×4 01 水盛り遣り方

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

水盛り遣り方

まずはきちっと、位置と水平を出そう


キットハウスも無事完成し、一段落しました。
畑も2年目となると、意外とヒマで、これは予定していた次の
ガーデンハウスに取りかかるチャンスです。
資金の余裕がないので、資材は分割してホームセンターで
買ってきます。まずは基礎と土台部分の資材を買ってきました。

CIMG0965.JPG
場所決めから始めます。
敷地の南西に若干の空き地があります。
最初3間×2間(2730×1820)を考えていましたが、
ちょっときちきちです。奥行き2間は変えられないので、
幅を少し狭めて2間半(2275)としました。

だいたいの四隅に杭を打ち、その外側に遣り方をする杭を
打ちます。

CIMG0994.JPG
水盛りして杭それぞれに印を付け、板を渡して
絶対的な水平基準を作ります。

CIMG0995.JPG
次に水糸を張って、基礎ブロックの位置確認をします。
どこか一辺を決めて糸を張り、その糸と直交する糸を張ります。
直交はさしがねの大きめのを使います。
繰り返していくと、四隅が直角で、向き合う辺の長さが同じ長方形が
できあがります。
今回基礎は6カ所ですので、長辺の真ん中にもう一本水糸を張ります。





小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成