2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~基礎工事

agrin life self-build > 2×4 02 基礎工事

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

基礎工事

一番しんどい作業・・・。

水糸を張り、完全な長方形ができあがりました。
次は肉体労働の穴掘りです。

CIMG0997.JPG
水糸が直交する真下に、一辺が40㎝の穴を掘ります。
深さは50㎝掘りたいところですが、30㎝位のところに
固い層があり、掘るのに苦労します。
で、40㎝の深さでギブアップ・・・。

CIMG1001.JPG
6カ所、必死に掘りました!!
スコップだけでは大変で、穴掘り用のスコップが2枚向かい合った
ようなものがあると便利です。深くなってくると「すくう」という動作が
やりにくくなりますから。
遣り方に印を付けておいて、水糸をいったんはずすと掘りやすいでしょう。

CIMG1002.JPG
再度水糸を張って、穴に10㎝くらいの厚さで砕石を敷きます。
この時に水糸からの距離がどこの穴も同じになるように、
ダンパー等で付き固めながら、投入する砕石の量を調整します。
木の棒に印を付けて、水糸にあてがって確認しましょう。
これができれば、基礎の水平はできたも同然です。

CIMG1004.JPG
砕石を入れた穴の底が水平になっているか確認します。
ここでは15㎝位の2×4材の端材を使ってならして、水平器で
いろんな方向や部位が水平か確認します。
水平を確認したら、フェンスブロックを置きます。
ここではコンクリート平板をさらに敷いています。

CIMG1003.JPG
平板とフェンスブロックを入れました。
平板は無くてもいいですが、今回入れてみました。

CIMG1005.JPG
砕石の上面が全て水糸から同じ距離になっているはずですから、
同じ規格のフェンスブロックの上面は、やはり水糸からの距離が同じで
全てのブロックの上面は水平面を構成しているはずです。
水糸の交点にフェンスブロックを置いていますから、正確な位置に
フェンスブロックが置かれているはずです。



小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成