2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~基礎工事、涙のやり直し

agrin life self-build > 2×4 03 基礎工事やり直し

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

基礎工事のやり直し

計算ミスで基礎の位置が間違っていました・・・(涙)。

先日、基礎の穴掘りを必死にやりましたが、
私気づいちゃったんです・・・。
穴の位置が間違っていたことを。
外枠の角は基礎石の場所ではなく、土台の材料の厚み分
内側にくるのでした・・・。

半べそをかきながら、再度水糸張りからやり直しです。
今度こそ、慎重に進めます。
グリーンベルのホームページに載っている独立基礎のやり方を
参考にしました。

CIMG1050.JPG
まず、基準となる1本を張ります。
ここでは、西側の外構を基準にしています。

CIMG1051.JPG
最初に張った水糸と直交する糸を張ります。
大矩を作って、水糸が重なるように正確に直角を決めます。
大矩(おおがね)の作り方使い方は、ときどきお世話になる
D I Y 建 築 mini 講 座」を参考にしています。
DVDや本も持っています!

CIMG1052.JPG
一辺の距離を測るときは、遣り方の板からの距離を合わせて
測ります。一人でやるときはこうするしかありませんし、こうする方が
ぶれなくて良いと思います。
板から水糸までの距離が400㎜、一辺が1820㎜なら、2220㎜をとり
水糸にマジックで印を付けます。

CIMG1053.JPG
2番目に張った糸から、それぞれ2辺同じ距離を取ります。
その距離にマジックでマーキングします。

CIMG1055.JPG
それぞれのマーキング位置を通るように4番目の水糸を張ります。

CIMG1057.JPG
そして最後に4辺目の距離を取ってマーキングし、
マーキング同士合わせます。

これで、「ひとつの角が90°で、向かい合うそれぞれの辺が同じ長さ」に
なっていて、絶対的な長方形になっているはずです。

CIMG1060.JPG
水糸の交点の下の地面に、スプレーペンキで柱の位置をマーキングします。

CIMG1059.JPG
掘る穴の位置が決定しました!!
えらいずれているなぁ・・・。

汗だくになって、また全部掘り直しました。

小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成