2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~いよいよ組み上げ開始

agrin life self-build > 2×4 07 組み上げ開始

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

いよいよ組み上げ開始!!まずは壁から

初めての2×4工法にちょっとドキドキ・・・

部材の加工も全て完了し、準備は万端。
いよいよ2×4工法での組み上げを開始します。
どんな風になるのかちょっとドキドキです・・・。
全てまったく一人で作業しています。

が、朝寝坊した上に、鼻隠しの部材加工・塗料をしていないのを思い出し
結局あまり時間がありませんでした・・・。午後からスタート。

CIMG1268.JPG
まず根太の上に超強力防湿シートを張りました。

CIMG1269.JPG
12㎜厚の構造用合板を2枚半(910+910+455)、
2重に重ねました。合計24㎜厚の床下地となります。
本当はさねつきの24㎜厚を敷きたかったのだけど、
通勤途中にあるホームセンターに売っていなかったので
12㎜厚で代用しました。
50㎜釘と65㎜釘を使用。

CIMG1271.JPG
床の上で奥側の壁を組み立てます。
床と全く同じ大きさになりますから、床に合わせれば
正確にできるはずです。
90㎜のコーススレッドを使います。

CIMG1272.JPG
材には番号がふってあり、接合部位にマーキングもしてありますから
迷うことは全くありません。事前の計画通りです。

CIMG1273.JPG
構造用合板を釘で打って留めていきます。
2×4工法はこの壁材で強度を作る工法で、
在来工法が柱という線で支えるなら、2×4工法では壁という面で
支えるのです。

CIMG1274.JPG
よっこらしょっ!!と壁を立ち上げます。
今日は風が結構あったので慎重に。
そしてすばやく斜めの支え材で仮留めします。

CIMG1276.JPG
手前の壁も同様にします。
横の壁は既に立ち上げた壁と壁の間で組み立てます。
合板は張る前に立ち上げます。
なぜなら既に立ち上げた壁の横の部分も含めて
合板を打ち付けるからです。

CIMG1279.JPG
ちょっと離れて見ると・・・、うーん、箱ですね!!

CIMG1280.JPG
壁が全てできあがったら、防水シートをぐるっと張ります。
タッカーで留めていきます。
ただの防水シートではなく「透湿・防水シート」ですので、
中からの湿気は外に逃がし、外からの水はシャットアウトです。

CIMG1283.JPG
中の様子。
壁が少しぐらつくだろう、と思っていましたが、
全然!!がっしりとしてぶら下がってもびくともしません!!
面で支える構造というのは結構強いのですね。

CIMG1284.JPG
中の様子、もう半分。
合板はきれいな面と雑な面があるので、当然きれいな面を
室内側にしておきます。

CIMG1285.JPG
今日はこれでタイムリミット!
雨が降ると中が池のようになるらしいので、板を渡して
ブルーシートをかけておきます。
2×4工法では雨仕舞いが大事だそうです。

朝寝坊していなければ、今日中に屋根土台まで終わったに
違いありません・・・。





小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成