2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~屋根施工その2

agrin life self-build > 2×4 11 屋根施工2

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

2×4工法で建てる、ガーデンハウス

屋根施工その2~アスファルト波板張り

屋根作業は、高いし、暑いし、ものすごい体力を消耗します・・・。

CIMG1482.JPG
さて今回屋根材に用いるのは、フランスオンデュリンのアスファルト波板です。
軽量でかつ、耐用年数が50年という(!)、値段も1枚2000円以内、
色合いや雰囲気も良く、即採用となりました。
(ちなみにポリカ波板の耐用年数は10年です。)

CIMG1483.JPG
幅が950㎜、長さが2000㎜ありますから、2間半の幅だと余分に重ねて
片面4枚となります。高所でビビリながら必死(または決死)の作業です・・・(T_T)
野地板の上に張った、桟木にあわせて水糸が張ってあります。
この糸に合わせて、専用の釘で固定していきます。

CIMG1488.JPG
要壁下から見たところ。
なかなかいい雰囲気で仕上がっております。

CIMG1486.JPG
さて、次は最難関の棟カバー取り付けです。
足場では届かないので、ついに屋根に乗ります!!

安全に作業をするための秘密兵器を作製予定・・・。


CIMG1493.JPG
傾斜45°の屋根を葺くための秘密兵器がこれです。
先が45に引っかけられるようになっているラダーです。
2×4材で簡単に自作し、いよいよ棟カバーを取り付けます。

CIMG1497.JPG
ラダーを棟に引っかけてよじ登り、端から棟カバーを桟木の位置に
打ち付けていきます。桟木が見えないので、印に張った水糸と、
カバーの位置で慎重に釘を打っていきます。
ここには写っていませんが、波板との間に隙間を埋めるスポンジ状の
フィラーを挿入しています。

CIMG1505.JPG
一番端はどうするのか、オンデュリンのHPには明確な解説が
ありませんでしたが、どうもそのままのようです。
しかしそれだと結構隙間ができますので、冬に雪が入り込む可能性が
高いので、切り込みを入れて折って破風板に釘留めしました。

CIMG1510.JPG
さぁ、屋根が完成しました!!!
もう高いところに登らなくてもいいかと思うと、ホッとします。

CIMG1512.JPG
とても良い雰囲気に仕上がっています。
建設中の母屋と同じ色になっています。

CIMG1456.JPG
(建設中の母屋です。こちらはガルバリウムの屋根です。)


ちょっと休憩し畑や庭の手入れをして、
その後、外壁作業に入ります。

小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成