2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~外壁張り

agrin life self-build > 2×4 13 外壁

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

2×4工法で建てる、ガーデンハウス

外壁張り

引っ越し後の片付けも、だいたい一段落してきましたので、9月以来中断していたセルフビルドの小屋の工事を再開しました。その間、家の工事のついでに電気も引っ張ってもらって便利になっていました。

外壁は防水紙をぐるっと張ってあったので安心していましたが、よく見るとだいぶんボロボロになってきているではありませんか!!これは、と急いで、母屋と同じく下見板張りで、塗料は母屋外壁の余った分を用いて再スタートです。
CIMG1950.JPG
外壁材は安い「野地板荒杉」。サイズは1800×210×12、8枚入で2400円程度。4束購入。

CIMG1953.JPG
このままではザラザラでダメなので、電気カンナをかけます。

CIMG1951.JPG
これでプレーナー材のようにツルツルに。ただしどうしても段差ができてしまいます・・・。プレーナー(自動かんな)が無いので、ここはあきらめ。

CIMG1958.JPG
ソーホースに並べて、全部塗装。塗るのは前面と下面です。

CIMG1999.JPG
スライド丸のこで、予め決めていたとおりにどんどんカット。スライド丸のこは、私の持っている電動工具の中で、最も出番の多い機械です。断然便利ですね。

CIMG2000.JPG
これで準備完了です。わずかに足りないので、それは母屋外壁の余った部材を使用。

CIMG2001.JPG
下見板張りの板を等間隔で張っていくための治具。30ミリ下の板と重ねます。

CIMG2006.JPG
65ミリのステンレススクリュー釘を使用。下地の柱がどこにあるのか判断しにくく、何箇所も柱を外して釘が壁を突き破り、中に飛び出してしまいました・・・。しかしだからといって抜くと穴が空いてしまうので、とりあえずそのままに。飛び出した釘はあとでカットすることに。よく見るとわかりますが、窓の横だけ母屋の端材で、材のグレードが一部大分違いますが・・・。

下地についてですが、防水紙を貼らない場合は柱の位置にマーキングして、墨線を引いておけばいいでしょう。私の場合、防水紙を貼ったので墨線が引きにくくなり、下地探知機を使いました。が、安い機種だったせいか、または中に荷物が詰め込んであったせいか、全く役に立たず・・・。で、頻繁に柱を外すはめになりました。

CIMG2009.JPG
すべて貼り付け完了。

CIMG2028.JPG
角は防水紙が出て見栄えが悪いので、縦に飾り板を付けて隠します。
CIMG2101.JPG
杉板を150ミリに切って塗装し、角に張り付けます。

CIMG2100.JPG
なかなかいい雰囲気になりました。下から防水紙が出ているので、切り取っておきます。

CIMG2030.JPG
軒下の隙間は、2×4材で塞ぎます。壁面の上端と屋根の間に垂木があるので、どうしてもその間には隙間ができます。垂木の厚さは40ミリですが、どうもその隙間から鳥が入ったらしく、小屋の中には鳥の糞が・・・。キャンプ道具に何箇所も付いていまいた・・・。

さぁ、いよいよクライマックス。最後の山場、それは「建具の製作」です。ドアと窓2つも自作しちゃいます!!。雪が降るまえに終わらせるぞー!!!

小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成