2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~建具の製作

agrin life self-build > 2×4 14 建具の製作

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

2×4工法で建てる、ガーデンハウス

建具の製作

いよいよセルフビルドの小屋づくりは最終段階となり、建具の製作に入ります。

ドア枠は2×6材、窓枠は2×4材を使い、溝を掘ってそこに厚さ5ミリのアクリル板をはめます。部材は切断後に、予め塗装しておきます。あとで調整することがあれば、その都度追加塗装していきます。

CIMG2032.JPG
ドゥーパの記事に従って部材を揃えます。記事にはサイズは一切書いていないので、形だけ参考にしてあとは自分で考えます。溝掘りにはトリマーを使いました。幅5ミリ、深さは少し余裕を持って20ミリとしました。


CIMG2033.JPG
同じ材で挟んでクランプし、治具を使って切削していきます。

CIMG2086.JPG
枠にはきれいに溝が掘れました。記事には丸鋸で数回切って溝を作るとありますが、トリマーがあればそのほうがずっと正確で楽できれいです。

CIMG2087.JPG
枠をあててビス止めし、アクリル板を溝に入れていきます。アクリル板の溝にはコーキングを施したほうがいいでしょう。

CIMG2089.JPG
ビスで止める場所にはあらかじめ10ミリのドリルで半分程の深さに穴をあけておきます。
この穴に90ミリのビスを打ち込んでいきます。穴はダボで埋めておくか、コーキングしておきます。

CIMG2088.JPG
窓が完成しました。

CIMG2091.JPG
同じようにドアも。ドアは上半分アクリル板、下半分は家の建築時に余ったパインのフローリング材です。

CIMG2097.JPG
未塗装ですが、ドアの取手も太さの違う2本の丸棒を使って加工しました。

次は最後の作業となる建具の取り付けです。

小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成