2×4工法で建てる、ガーデンハウス ~建具の取り付け

agrin life self-build > 2×4 15 建具の取り付け

屋根付き・壁付きのウッドデッキ!?、デッキハウス

水盛り遣り方2010/6/23
基礎工事2010/06/25
基礎工事のやり直し2010/06/30
土台作り2010/07/04
基礎土台と根太の完成2010/07/16
資材の加工2010/07/30
組み上げ開始!!2010/08/01
屋根トラスの組み上げ2010/08/04

キットハウスで在来工法を経験したら、今度は2×4工法に挑戦したくなりました。
雑誌「DOPA」で紹介されていたガーデンハウスのいくつかを参考にして、
2間半×2間のミニガーデンハウスを作ります。
完成したらアウトドアのギアやテントなと収納予定なので、このガーデンハウスは
「フィールドハウス」と命名。高床式の隠れ家っぽく仕上げるつもり。
道具の保存のために、特に湿気対策を十分にする予定です。

2×4工法で建てる、ガーデンハウス

建具の取り付け

さて、ドア・窓の建具は完成しました。いよいよ設置です。でも、作るのも付けるのも結構大変なのでした・・・。
CIMG2106.JPG
設置準備として、ルーターで深さ5ミリの溝を掘り、蝶番を付けます。(深さ5ミリは深過ぎで、2-3ミリが良いようです。)

CIMG2107.JPG
防水紙を切り取って、2×6材で作った窓枠をはめます。中はアウトドア用品でいっぱいで、窓もクソもありませんが・・・。

CIMG2108.JPG
上の枠に窓の蝶番を付けます。が、一人ではこれが超難関!!。片手と頭で窓を支えて、もう片手でドライバードリルを持ち、何回もやり直ししながらなんとか付きました・・・。

いや、これは一人では無理です。たまたまうまくいきましたが、同じことをもう一度する気力はナシ。そこであらかじめ枠にビス止めして上枠と窓をセットの状態にして、枠をコーススレッドでとめることにしました。そしたらなんと簡単にできたことか!!最初からこうすれば良かった・・・。ドアも同じことでした。

CIMG2113.JPG
枠の前に1×4材で作った飾り板をつけて外側は終了。すこしきつい部分は電気カンナで調整し、再塗装します。ごく僅かな調整で済みました。

CIMG2121.JPG
もう一方の窓も外側は終了。いい雰囲気です。

CIMG2123.JPG
ドアは枠に蝶番をつけて、枠+ドアを取り付けようとしたら、なんと、計算間違いしたのか、ドアの高さが5センチも大きいじゃありませんか!?

ショックを受けましたが、気を取り直し、上下25ミリずつ丸鋸でカット。無事収まりました。

CIMG2125.JPG
窓は内側に金具を付けて固定します。窓枠・ドア枠には戸当りの板がぐるりと四方につけてあります。ドアにも金具を付けて鍵をかけられるようにします。

CIMG2131.JPG
ドアを開ける時の支え棒を付けます。

CIMG2134.JPG
この棒の先にはトリマーで細工がしてあって、窓枠に打ったビスがはまるようになっています。

CIMG2129.JPG
窓も完成です。
だいたいこれで完成ですが、あとはドアにラッチを付けてカチッと閉まるようにして、そして中に棚を作る予定です。

小屋作りダイジェスト

CIMG0994.JPG水盛り遣り方

CIMG1154.JPG土台・根太完成

CIMG1269.JPG

CIMG1279.JPG

CIMG1293.JPG屋根トラス

CIMG1473.JPG野地板

CIMG1480.JPGルーフィング

CIMG1512.JPG屋根葺き

CIMG1570.JPG床板貼り

CIMG2006.JPG外壁張り

CIMG2121.JPG建具の取り付け

CIMG2123.JPGほぼ完成