屋根付き・壁付きのウッドデッキ、デッキハウス ~基礎工事~

agrin life self-build > デッキ01 基礎

屋根付き・壁付きのウッドデッキ、
デッキハウス

水盛り遣り方~基礎工事 2011/03/27
柱の立ち上げと床の製作 2011/04/10
すべり出し窓の取り付けと屋根の施工 2011/04/16


下見板張りの外壁施工 2011/05/11
完成 2011/05/05



さぁ、セルフビルド第3作目は、ウッドデッキの製作方法で屋根と壁を付けて、名付けて「デッキハウス」!!大雪に見舞われた冬が終わったら、製作スタートです。これも全く一人で基礎から始めます。

壁付き・屋根付きのウッドデッキ、デッキハウス

水盛り遣り方~基礎作り

第1作となったキットハウスの横に場所を選定。
一部畑の畝も潰して、整地します。

CIMG2653.JPG
サイズはデッキ部分が3640×1820、土間部分が3640×1560です。
合計3640×3300で場所を決め、そこから500mm程度離して杭を打ち、
水盛りをして杭に印をつけて、桟木をビスで固定します。
これで基準となる絶対的な水平面が出来上がりました。

CIMG2666.JPG
水糸を張ります。
張り方はこれまでと同じで、グリーンベルのホームページに書いてあった方法に
大きな自作の直角定規をあてて、正確なサイズを出します。
これで直角とそれぞれの辺の長さがでました。

CIMG2668.JPG
その水糸の直交する点の下に基礎石が入る穴を掘ります。
穴の深さは400mm。砕石を100mm入れて、フェンスブロックが300mm埋まる
ようにします。

CIMG2672.JPG
真上から見て、ちょうど水糸の交点の下に、フェンスブロックが来ています。
ここで注意したいのは、フェンスブロックの外側が交点の下に来るのではなく、
あくまでそこに入る柱の角が交点にくることです。

CIMG2676.JPG
今回はメインの柱はフェンスブロックで、サブの柱は簡単に沓石を使います。
サクッと穴を掘り、砕石を気持ち入れて、ドライモルタルを山状に入れて、

CIMG2677.JPG
沓石をドライモルタルのお山の上に乗せて、

CIMG2678.JPG
水糸からの高さと、沓石自体の水平を確認します。

CIMG2681.JPG
決まったら土をかけてそっとしておきます。
モルタルは土の中の水分を吸って、固まる、そうです。

CIMG2690.JPG
メインの柱9ヶ所、サブの柱15ヶ所、出来ました。
固まらないうちに息子が乗ろうとして、慌てて制止します・・・。

次は柱を立てて、そして床を作ります。

デッキハウス作りダイジェスト

CIMG2690.JPG基礎

CIMG2702.JPG柱の立ち上げ

CIMG2715.JPG

CIMG2716.JPG床デッキの張り付け

CIMG2719.JPG窓の取り付け

CIMG2747.JPGポリカ波板の屋根

CIMG2807.JPG外壁

CIMG2849.JPG完成