屋根付き・壁付きのウッドデッキ、デッキハウス ~柱と土台~

agrin life self-build > デッキ02 柱・土台

屋根付き・壁付きのウッドデッキ、
デッキハウス

水盛り遣り方~基礎工事 2011/03/27
柱の立ち上げと床の製作 2011/04/10
すべり出し窓の取り付けと屋根の施工 2011/04/16


下見板張りの外壁施工 2011/05/11
完成 2011/05/05



さぁ、セルフビルド第3作目は、ウッドデッキの製作方法で屋根と壁を付けて、名付けて「デッキハウス」!!大雪に見舞われた冬が終わったら、製作スタートです。これも全く一人で基礎から始めます。

壁付き・屋根付きのウッドデッキ、デッキハウス

柱の立ち上げと土台製作

基礎が出来上がると一安心です。

CIMG2697.JPG
使う材料は、全てウエスタンレッドシダーです。
全て木工ランドで注文、宅配で届きます。
ムサシで買うよりサイズが豊富な上に、4~5割安いです。
ガレージで加工・塗装します。

CIMG2700.JPG
垂木は柱にボルトで固定しますが、あらかじめ穴を開けておきます。

CIMG2702.JPG
写真を撮り忘れていて、一気に進んでいますが、
無風を祈ってフェンスブロックに柱を差し込みます。
急いで柱に根太を仮固定します。これで安定します。
そして垂木を柱をサンドイッチにしてそれぞれ2本ずつ、ボルトで固定します。

CIMG2703.JPG
土間の柱も差し込んで、柱とフェンスブロックの隙間にドライモルタルを
入れていきます。
ポスト用の水平器を当てて、柱の垂直を確認しながらドライモルタルを
ヘラを使って詰め込みます。
これでがっちり固定されます。あとで水で濡らしておきます。

CIMG2706.JPG
筋交いを入れます。

CIMG2712.JPG
残りの根太と大引きを入れます。
先に大引きを入れておけば、根太の設置が楽です。

CIMG2715.JPG
その上に床用のデッキ材を敷いていきます。
ここではウエスタンレッドシーダーの2×6材を使っています。
全てあらかじめ塗装済。

CIMG2716.JPG
一部不足ですが、2×4材がちょうど入って床の完成です。

次は窓の設置です。

デッキハウス作りダイジェスト

CIMG2690.JPG基礎

CIMG2702.JPG柱の立ち上げ

CIMG2715.JPG

CIMG2716.JPG床デッキの張り付け

CIMG2719.JPG窓の取り付け

CIMG2747.JPGポリカ波板の屋根

CIMG2807.JPG外壁

CIMG2849.JPG完成