屋根付き・壁付きのウッドデッキ、デッキハウス ~窓の設置と屋根の施工~

agrin life self-build > デッキ03 窓屋根

屋根付き・壁付きのウッドデッキ、
デッキハウス

水盛り遣り方~基礎工事 2011/03/27
柱の立ち上げと床の製作 2011/04/10
すべり出し窓の取り付けと屋根の施工 2011/04/16


下見板張りの外壁施工 2011/05/11
完成 2011/05/05



さぁ、セルフビルド第3作目は、ウッドデッキの製作方法で屋根と壁を付けて、名付けて「デッキハウス」!!大雪に見舞われた冬が終わったら、製作スタートです。これも全く一人で基礎から始めます。

壁付き・屋根付きのウッドデッキ、デッキハウス

すべり出し窓の取り付けと屋根の施工

今回、窓は既製品を使いました。
トステムのすべり出し窓で、1個1万円です。

CIMG2718.JPG
取り付けには工夫が必要ですが、
概ね窓枠は窓本体に合わせて加工しています。

CIMG2719.JPG
筋交いは同一面にならず段差ができますので、
補助材を取り付けています。

CIMG2744.JPG
南面と東面に窓を取り付けました。
DIY向きの窓だと思いますが、外壁と内壁があるような普通の家のための
窓ですから、その形状に合うように枠を加工しないといけません。
寸法図がありますが、素人が見ても全くわかりません・・・。
実際には先に窓を入手して、材を当ててみて寸法を測ってから
窓枠の設計等したほうがいいと思います。

CIMG2743.JPG
さぁ、屋根です。
桟木を渡します。500mmの間隔になっています。
雪に耐えられるように45mmの垂木を使っています。

CIMG2744.JPG
桟木の取り付けが終わりました。

CIMG2747.JPG
屋根は施工が簡単で、明るいポリカーボネートの波板です。
波板用の傘付きネジで止めていきます。

CIMG2806.JPG
屋根が張り終わりました。
ポリカの波板は滑るので、雪が降っても全て滑り落ちる予定です。
ですから大雪でも本体の心配はいらないと思っています。
そのかわり、落ちた雪の除雪が必要でしょう。

さて、次はいよいよ大詰めの壁設置です。

デッキハウス作りダイジェスト

CIMG2690.JPG基礎

CIMG2702.JPG柱の立ち上げ

CIMG2715.JPG

CIMG2716.JPG床デッキの張り付け

CIMG2719.JPG窓の取り付け

CIMG2747.JPGポリカ波板の屋根

CIMG2807.JPG外壁

CIMG2849.JPG完成