屋根付き・壁付きのウッドデッキ、デッキハウス ~下見板張りの外壁施工~

agrin life self-build > デッキ04  外壁

屋根付き・壁付きのウッドデッキ、
デッキハウス

水盛り遣り方~基礎工事 2011/03/27
柱の立ち上げと床の製作 2011/04/10
すべり出し窓の取り付けと屋根の施工 2011/04/16


下見板張りの外壁施工 2011/05/11
完成 2011/05/05



さぁ、セルフビルド第3作目は、ウッドデッキの製作方法で屋根と壁を付けて、名付けて「デッキハウス」!!大雪に見舞われた冬が終わったら、製作スタートです。これも全く一人で基礎から始めます。

壁付き・屋根付きのウッドデッキ、デッキハウス

下見板張りの外壁施工

屋根も付きましたので、次は外壁です。
CIMG2807.JPG
杉板の下見板張りで施工です。
ホームセンターには外壁用のプレーナー処理済みの下見板が
売っていますが、とっても高いです。
そのすぐ横に束になった杉荒板が安く売っていれば、
多少の手間があっても当然そちらを選びます。
厚さ12mm、長さ1820mm、幅220mm、8枚入りで1980円。
まだ湿った状態でとても重いです。
これを少し乾かして、電気かんなをかけて表面をきれいにします。
それから塗装を済ませます。
反ってくる方向があるので、木目をよく見てカンナ面を決めます。

間柱がありませんので、両端を柱にビス止めし、間を筋かいに止めます。
筋交いのビスは1ヶ所だけ、上に張った板に隠れます。

CIMG2809.JPG
一人で作業していますから、下見板が張りやすいように、かつ一定の間隔で
張れるようにこのような治具を作りました。
下に張った板の下面に治具を当てて、その上に上の板を乗せてビス止めします。
治具に幅がありますから、ぴったり当てればだいたい水平になっているはずです。

CIMG2810.JPG
スターターとなる桟木を張ってから下見板を張り始めます。

CIMG2816.JPG
屋根の垂木と干渉する部分は現物合わせで斜めにカットします。

CIMG2824.JPG
張り終えました。
角に化粧板を取り付ければ、完成です。

デッキハウス作りダイジェスト

CIMG2690.JPG基礎

CIMG2702.JPG柱の立ち上げ

CIMG2715.JPG

CIMG2716.JPG床デッキの張り付け

CIMG2719.JPG窓の取り付け

CIMG2747.JPGポリカ波板の屋根

CIMG2807.JPG外壁

CIMG2849.JPG完成