8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~基礎~

agrin life self-build > 英国風01基礎

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1

セルフビルドの最後の戦い、最大の作戦、
8畳の小屋作りのスタートです。
設計はCADでバッチリ。
いつもどおり、基礎工事から始めます。

CIMG3052.JPG
先日建てたデッキハウスと、この土地を入手して一番最初に建てた
単管と波板による仮小屋(今回の後に撤去予定)の間に場所を決めます。
大きさもいろいろ迷いましたが、この場所に最大限取れる3640×3640で決定。

CIMG3164.JPG
周りに杭を立て、水盛りをして杭に印をつけ、
桟木を渡します。これで絶対的な基準となる水平面が出来上がりました。
この桟木に水糸を張って、建物の位置を決定します。

CIMG3163.JPG
水糸が交差する部分が土台の柱の位置なので、
その真下に建築用スプレーで地面にマーキングします。


CIMG3235.JPG
マーキングした地面に穴を掘ります。
穴の深さは400mm。100mm砂利を敷きます。
今回基礎は小さい羽付き沓石とそれが入るボイド管です。
沓石は1辺250mm、ボイド管は直径が350mmです。
ボイド管は500mmの長さにあらかじめホームセンターでカットしてもらいました。
柱が700mmです。そうすると、基礎石は地面から200mmほど出る寸法となります。

CIMG3238.JPG
柱の垂直を水平器で確認します。

CIMG3234.JPG
根太を柱にビスで仮固定します。

CIMG3233.JPG
この時点で、対角線が同じ長さになっているか、柱は垂直かを確認します。
対角線が同じになっていれば、それぞれの辺が直角になっているはずです。
基礎の一番大事なところですから、完璧にこなします。

CIMG3240.JPG
確認できたら、ボイド管にモルタルを流し込みます。
これでもう修正や後戻りはできません。


デッキハウス作りダイジェスト

CIMG2690.JPG基礎

CIMG2702.JPG柱の立ち上げ

CIMG2715.JPG

CIMG2716.JPG床デッキの張り付け

CIMG2719.JPG窓の取り付け

CIMG2747.JPGポリカ波板の屋根

CIMG2807.JPG外壁

CIMG2849.JPG完成