8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~基礎その2~

agrin life self-build > 英国風03基礎2

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

基礎工事その2~土台完成

基礎工事の続きです。

CIMG3243.JPG
根太をすべて配置ししっかりビスで固定して、
全てのボイド管にモルタルを流し込みます。

CIMG3247.JPG
モルタルが固まったら、グラインターでボイド管をカットして剥がします。

CIMG3248.JPG
さらにコンクリートで周りを固めます。

CIMG3250.JPG
土を戻して、基本となる9ヶ所の基礎が完成しました。
が、まだこれで終わりじゃありません。

CIMG3263.JPG
さらに、それらの基本となる基礎の間にもう6ヶ所柱を追加します。
追加分は簡単に済ませます。穴を掘って砕石を入れて、
空モルタルを山にして入れて、柱を付けた沓石を乗せて垂直を確認し、
根太と大引きに固定します。高さは飛び出してさえいなければどうでもいいことです。

CIMG3267.JPG
土を戻して完成です。
空モルタルは土の湿気を吸って、固まるはずです。

CIMG3268.JPG
さらに、その柱の間に根太を追加します。
柱の部分は2本の根太ではさむ形になっています。

CIMG3269.JPG
これで土台の完成です。
完璧です。
柱は合計15本になっています。

CIMG3567.JPG
あとで、壁を立ち上げて床に固定するときに、
ビスを打つ場所に困らないように、外周の根太の間に
2×4材を2本重ねて入れました。
先のことも考えて、準備万端です。

今月のノルマはこれで達成!!
来月は構造材の購入と加工です。
ちょっと一休み。

イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成