8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~床土台~

agrin life self-build > 英国風04床土台

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

床土台

基礎と柱・根太が完成しましたが、床がまだ張っていません。

CIMG3569.JPG
構造用合板の地面に面する方を塗装しました。
自己判断ですが、ベタ基礎じゃないので、やはり地面からの湿気が心配です。
並べて防腐塗料で塗装します。

CIMG3570.JPG
根太に床鳴り防止のために根太用の接着剤を使います。
根太に塗って、合板を貼り付けていきます。
何箇所かはビス止めしておきます。
今回は2枚合板を重ねる予定なので、2枚目を敷いた後に
しっかりとビス固定します。
最終的にはフローリングを敷く時にフロア釘も加わります。

CIMG3571.JPG
1枚目が敷き終わりました。

CIMG3572.JPG
1枚目の上に防湿浸透シートを敷きました。
これで室内への湿気をシャットアウトします。

CIMG3573.JPG
2枚目の合板を敷きます。
今度は90°ずらして縦向きに敷きます。
あらかじめ根太の位置をマーキングしていますから、
その根太の位置がわかるように墨線を引いておきます。

CIMG3575.JPG
2枚目も固定し、根太の位置もわかっている状態です。
フローリングを敷く時に、この線にあわせてフロア釘を打ちます。

これで壁パネルの組み上げに入れます。

イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成