8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~壁パネルの立ち上げ~

agrin life self-build > 英国風05壁パネル

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

壁パネルの立ち上げ

いよいよ壁パネルの立ち上げに入ります。
ここで一気に小屋の実感がわくはずです。

CIMG3587.JPG
床の上で南面を組みます。
75~90mmの釘を使いたいのですが、体力と時間的に間に合わず
コーススレッドを多用して補います。コーススレッドは木口には90mmを使います。

CIMG3589.JPG
今回パネルは3640mmでは立ち上げるのが一人では辛いので、
1820mmを2枚並べる方式になっています。
床と隣り同士、75mmのコーススレッドで固定します。
風で倒れないように仮の筋交いを打っておきます。

CIMG3590.JPG
今度は北面を組み上げます。

CIMG3592.JPG
同様に合板を張って立ち上げます。
こちらも2枚一組です。

CIMG3593.JPG
南と北の壁ができました。

CIMG3594.JPG
今度は東面です。
東面と西面は先に立ち上げた南北の面の側面も含めて
合板を張るので、枠をまず組んで立ち上げて固定してから合板を張ります。
まずマグネットをつけたビットにあらかじめコーススレッドを付けておいて
腰ベルトにそのインパクトドライバをぶら下げておきます。
そして合板を持ち上げて枠にあわせて手で押さえてずれないように気を付けながら
コーススレッドをまず1個、真ん中辺に打てば後は楽です。

CIMG3597.JPG
西面も同様です。

CIMG3595.JPG
壁パネルの間柱の位置を根太にマーキングしておきます。
あとで外壁を釘打ちする時に墨線を引くのに役に立つはずです。

CIMG3599.JPG
ぐるりと壁パネルが立ち上がりました。
(ここでは更にその上に300mm屋根ひさしの分長い補強材が既に乗っています。)

なんか急にできてきた感じがしますねー。

イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成