8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~屋根工事 棟と垂木~

agrin life self-build > 英国風06垂木

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

屋根工事 上棟と垂木・トラスの設置

さて、壁が立ち上がりましたが、補強します。

CIMG3610.JPG
立ち上げた壁パネルの上面に、壁パネルの組み合わせとは
互い違いになるように、2×4材を接合します。
屋根の方向には300mm出して妻側の軒とします。

CIMG3611.JPG
一辺を2枚に分けた壁パネルも、これで上面を補強されます。

CIMG3616.JPG
妻壁の三角パネルを取り付け、それぞれの間の溝に
2×8材の棟をはめ込みます。

CIMG3618.JPG
とりあえず1本だけ乗った、という感じですね。

CIMG3626.JPG
あらかじめ印をつけておいたところへ、垂木を接合していきます。
垂木は棟側は1:2の角度で切断、壁側は壁の上面に引っかかるように
やはり1:2の角度で切り込みが入っています。

CIMG3623.JPG
妻側の屋根のひさしには、強度を付けるためにはしご状になっています。

CIMG3629.JPG
すべての垂木とはしご状が設置完了しました。

CIMG3636.JPG
垂木と垂木の間にはあらかじめ決めておいた長さの材を
挟んで、転び止めとしています。
屋根を付けた時に、若干隙間ができますが、それはあとで
外壁作業時に杉板でかぶせます。

CIMG3637.JPG
妻壁側の軒には、強度を稼ぐために金具を併用しました。

CIMG3631.JPG
屋根の骨組みが完成しました。

イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成