8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング~

agrin life self-build > 英国風07屋根

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

屋根工事 屋根下地とカラールーフィング

屋根の骨組みが出来上がりました。
次は合板を張って、カラールーフィングとアスファルトシングルを張ります。

CIMG3652.JPG
その前に、積雪に対する強度を増すために、トラスを設置しました。

CIMG3653.JPG
真ん中の部分はトラスを設置しないで、照明を付けるための土台としました。

CIMG3677.JPG
屋根の下地は、12mmの構造用針葉樹合板を2枚重ねとしました。
強度を増すために、互い違いにして、境目をずらしています。

CIMG3693.JPG
2枚目の合板同士棟の部分で端と端がくっつくように
30mm幅の合板を切り出し、調整として軒の方に付けています。

CIMG3692.JPG
これでてっぺんがくっつきました。

CIMG3681.JPG
なお、垂木の位置を見失わないように、棟にマーキングをしています。

CIMG3691.JPG
そのマーキングを合板に移して、そこから軒に書いておいたマーキングに、
墨線を引いておきます。これによって、合板の固定のためのビスの打つ位置を
確認することができます。

CIMG3650.JPG
鼻隠しと破風板を塗装します。
ここでは1×6材を使いました。
1×8材というのは売っていませんでした。
たぶん存在しないのでしょう。

CIMG3683.JPG
破風板が付きました。
鼻隠しも同様に付きました。

CIMG3694.JPG
カラールーフィングを張ります。
ゴムアスファルトルーフィングもありましたが、ちょっと高いのと
単純な屋根の構造なので必要ないあと思って、安いカラールーフィングにしました。

CIMG3700.JPG
張り終わりました。
1巻(25m)を買ってきたのですが、ギリギリ足りませんでした・・・。
キットハウスの余りがあるのを思い出して、なんとか全部張れました。
こういったこともちゃんと計算してやりたいですが、重ねて張ると
どれだけいるのかよくわからず、この場合、5m程足りない計算になります。

とりあえずカラールーフィングさえ張れば雨じまいはOKで、
ブルーシートは片付けました。
次は仕上げのアスファルトシングル張りです!!




イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成