8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~外壁工事1 下見板の加工と塗装~

agrin life self-build > 英国風09 外壁1

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

外壁工事1 下見板の加工と塗装

さて、外壁工事に入ります。
これで一気に雰囲気を出すつもりです。

ムサシで売っている下見板は1枚4mで980円です。
これはプレーナーがかかっていて、下見板用に断面が台形をしています。
(下が厚く、上が薄い。)
ちょっと高くて手が出ませんので、私は野地板用の杉材を使います。
こちらは1820×220×12mmで、8枚入って1980円です。
これを加工して使います。

CIMG3923.JPG
まず、板がまだ湿っているので、隙間を明けて乾燥させます。
芯の方の板はものすごい湿っています。
触ると湿った感じがしますし、とにかく重いです。
たとえばビスを打ったとすると、その部分から水が滲み出してきます。
それに湿ったままだとカンナがかけられません。
湿った材を自動カンナにかけると自動送りができなくなります。
電気かんなでも、すぐに詰まってしまいます。
ですから乾燥は必須ですね。

CIMG3924.JPG
荒杉材は表面が文字通りザラザラですので、プレーナーをかけます。
私が持っているのはマキタの自動カンナです。
畑に持ちだして作業します。

CIMG3926.JPG
買ったそのままでは表面がザラザラです。
塗料の染みこみはいいかもしれませんが、見た目が・・・。

CIMG3927.JPG
自動カンナに入れて、どんどん表面を削って行きます。

CIMG3928.JPG
ツルツルになりました。
手動の電気カンナですと、電気かんなの幅分でどうしても
段差ができてしまいますが、自動カンナでは均一に仕上がるし、
楽だし、早いし言うことありません。

CIMG3925.JPG
畑に持ちだして、と書きましたが、その理由はこれです!!
ものすごい木くずと粉塵です。
畑でやれば、あと適当にばらまいておいて有機物になります。

CIMG3929.JPG
ちなみにどちらの面を削るかですが、
断面の年輪を見て、反っていくのは木表の方で、
その反対側をプレーナーがけして、そちらを外壁の表面とし塗装します。

CIMG3930.JPG
80枚終わった時点でこの木くずの量!!
木くずのチョモランマ盛り!!!
子供たちに見つかったら、ばらまいて遊んで木くずだらけに
なってしまうでしょうね。

CIMG3983.JPG
塗装を全て済ませます。今回は英国風ですから、外壁はグリーンです。
キシラデコールのタンネングリーンを選びました。
窓枠分のカットも丸ノコを使って済ませます。

CIMG3986.JPG
外壁の準備が完了し、施工スタンバイOKです!!










イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成