8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~外壁の装飾と換気扇の取り付け~

agrin life self-build > 英国風11 装飾と換気扇

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

外壁の装飾と換気扇の取り付け

下見板張りが張り終わりましたので、板と板のつなぎ目を隠します。

CIMG4022.JPG
角は隙間が開いていて、このままではどうにもなりません。

CIMG4208.JPG
1×6材を使って、ビスは目立たないようにスリムビスを使い
角を装飾します。

CIMG4209.JPG
中央のつなぎ目も隠して装飾板は出来上がりです。

CIMG4211.JPG
外見がグッと引き締まりました。

CIMG4206.JPG
妻壁の外壁上端にも装飾板をつけます。
ここでは2×4材を使っています。
下見板張りの最上端はを塞いで雨の浸入を防ぐことが目的です。
外見上もあったほうがいいと思います。

CIMG4214.JPG
次に換気扇を取り付けます。
今回はファンが25cm、取り付け窓が30cm四方の製品を買いました。
東芝製で静音換気扇、5000円位です。
外壁の防湿シートを切って、内側にタッカーで止めます。

CIMG4216.JPG
換気扇をはめてビス止め。

CIMG4218.JPG
あっさり簡単に取り付け完了!

CIMG4219.JPG
外側はこのままだと隙間から雨が滲み込むので、

CIMG4220.JPG
ステンレスのカバーを取り付けます。
あとは電気屋さんに頼んで電気の配線をしてもらいます。

さぁ、次は建具の製作です。
窓用のアクリル板はネットで注文し、すでに到着。
アンティークなドアヒンジや滑り出し窓用の金具(七ツ目調整器)もネットで探して
既に入手済んでいます。
じっくり作る予定です。

イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成