8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~窓の製作~

agrin life self-build > 英国風12 建具の製作

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

建具の製作

建具(窓とドア)の製作に入ります。
建具は工房内でゆっくり作業していきます。

まず窓です。2×4材を使って枠を作り、トリマーで溝を掘って
アクリル板をはめ込んでいきます。
その溝を掘るのに治具が必要です。2×4材の真ん中に真っ直ぐ
溝を掘るための治具です。

CIMG4276.JPG
910mmに切った3本の2×4材(窓枠と同じ材)を使います。
2本はビスで接合。両端付近に穴を開けて、ボルトセットが入るようにします。
上の写真のように加工する材を挟みますが、そのときトリマーがその材の
ど真ん中を通るように9mmの合板でフェンスをビス接合します。
この材料の場合50mm隙間を開ければピッタリでした。

CIMG4273.JPG
フェンスの設置はこんな感じになります。
クランプで挟んでもいいのですが、いちいちクランプを締めたり緩めたりが
とても面倒なので、こんなボルトセットでしたらとても楽です。

CIMG4274.JPG
これでフェンスに沿ってトリマーを移動させていけば
ど真ん中に真っ直ぐ溝を掘ることができます。

CIMG4277.JPG
溝の深さは10mmになるようにアクリル板をオーダーしていますから、
5mmの刃の出で1回通し、次に10mmの刃の出でもう1回通します。

CIMG4280.JPG
小窓の溝掘りが終わりました。

CIMG4281.JPG
試しにはめてみました。
バッチリです!!

CIMG4283.JPG
ビス接合するための穴を開けます。
電動ドリルで太さ10mm、深さ60mm程度で穴あけしました。

CIMG4286.JPG
トリマーはリョービの安いものですが、これの良いところは
標準で集塵アダプターが付いているところです。
マキタの製品も持っていますが、オプションでも集塵アダプターがありません。

CIMG4287.JPG
もう一点。
2×4定規。これば便利ですよー!!
縦横ピッタリ2×4材のサイズになっていて、中心を決めたり、
切断の墨線を引いたり、ビスを打つ場所をマーキングしたり、
これがあるのとないのとでは効率が違います。

CIMG4288.JPG
2×4定規に付いている穴の位置を目安に、ビス止めの穴の位置を決めます。

CIMG4289.JPG
材をクランプに挟んで、どんどん穴あけしていきます。

CIMG4290.JPG
大きい窓の分も加工が終了しました。

CIMG4329.JPG
塗装が完了し(下塗り+2度塗り)、試しに窓とその枠を組んでみて、
蝶番が付く場所にマーキングします。

CIMG4330.JPG
蝶番の場所が決まったら、それぞれ深さ2mmで、トリマーで溝を掘ります。

CIMG4331.JPG
全て溝が掘れました。

CIMG4332.JPG
窓を組みます。クランプで固定して、90mmのビスで、あらかじめ60mmほど
掘っておいた穴に入れてビス止めします。

CIMG4333.JPG
ロングビットにも掘った穴と同じ長さをマーキングしておけば
ビスを打ち込んだ時、どこでやめればいいかわかります。

CIMG4336.JPG
組んだ窓と窓枠の上側が蝶番でくっつきました。
先に窓枠を小屋に取り付けてしまうと、あとで蝶番を付ける時に
ひとりではなかなかうまく出来ず、首も痛くなるし、すぐずれてしまうし、
このように先に蝶番を付けておくのがポイントです

CIMG4337.JPG
横と下、2×6の枠を付けておいて、

CIMG4338.JPG
後から先ほど作ったセットを差し込んで入れます。
うまく入らないときは、電気かんなで削ります。
その部分は、あとでまた塗装が必要です。

CIMG4344.JPG
中川から見た様子。

CIMG4358.JPG
大きい窓のセットも出来上がりました。

CIMG4363.JPG
多少調整しながら、無事にはまりました。

CIMG4370.JPG
大きい窓には、やはり5mmのアクリル板で、「マット」というすりガラス状のものと、この写真の「かすみ」という細かい型を押したような斑模様のすりガラス状のものを採用しました。

CIMG4371.JPG
結構いいですよ。

CIMG4374.JPG
とってもいい雰囲気になって来ました。

CIMG4377.JPG
次に戸当りをつけます。まず予定位置にコーキングします。

CIMG4378.JPG
戸当りの板(ここでは18×45の桟木?を使っています。)をぐるっと1周取り付けます。そして取手とヌリラッチをつけます。

CIMG4379.JPG
これがヌリラッチ。窓の固定と鍵の役目をします。

CIMG4381.JPG
「八つ目調整器」といういい窓のつっかえ棒がネットで見つかりました。

CIMG4380.JPG
いい感じで仕上がりましたよ。

CIMG4382.JPG
小さい方の窓は端材を使って、ビス一本簡単に窓の支えを作ります。

CIMG4389.JPG
明るくて、風遠しも良くて、いいですよ。

あとは窓の装飾板です。








イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成