8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~ドアの製作~

agrin life self-build > 英国風13 建具の製作2

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

ドアの製作

ドアを作ります。
既製品で済まそうかと以前思っていましたが、
ものすごい高いし、高さが収まらないので結局自作することにしました。
2×6材のはぎ合わせで作ります。

CIMG4296.JPG
小窓にはめるアクリル板の溝を掘ります。
窓の製作時に作ったトリマーの治具をそのまま使います。
ただし長辺が長いので、横に寝かせた状態で使います。

CIMG4298.JPG
治具のフェンスを下側にして、その上にトリマーを当てがって
溝を掘ります。

CIMG4301.JPG
次に2×6材を接ぎ合わせるのにビスケットジョインターを使います。
5歳の娘が「ビスケット」と書いてある袋をみて、私も食べたいと言い出しました。

CIMG4300.JPG
マキタのジョイントカッター。初登場。
まず説明書をじっくり読みます・・・。

CIMG4302.JPG
溝に木工ボンドを入れてビスケットを挿入します。

CIMG4304.JPG
接ぎ合わせる面に木工ボンドを塗って、クランプでしっかりくっつけます。
この長いOTOROのクランプも、今回初めて使いました。
持ち腐れている宝がたくさんあるのです。

CIMG4311.JPG
さらに室内側に1×4の補強板をZ字にビス止めしました。

CIMG4418.JPG
ドアノブの取り付けです。ドアノブはネットで真鍮のノブがセールで安く出ていました。使うドリル先は「ロックオーガー」という54mmのものと、25mmの木工ドリルです。ところが、この54mmのオーガーは、私の電動ドリルではパワー不足で、回転が負けてしまい本体から煙が出始めました・・・。

CIMG4419.JPG
やむを得ずロックオーガーは諦め、20mmほどのドリルで複数穴を開けて、ジグソーで仕上げることにしました。

CIMG4420.JPG
できたことはできましたが、あまりの汚さに涙・・・。まぁ、隠れるからいいか。

CIMG4423.JPG
側面から25mmのドリルで穴を繋げます。

CIMG4424.JPG
トリマーで2mmの溝を掘ります。

CIMG4426.JPG
裏表塗装を2度塗りで済ませました。

CIMG4430.JPG
ドアノブを取り付けました。大変いい感じですよー!!

CIMG4437.JPG
アンティークな蝶番を付けて、ドアが取り付けられました。下部に僅かな隙間が必要ですが、今回は3mm厚のアクリル板を敷いて、その上にドアを置いて蝶番をビス止めしました。ドア自体は一発では入らず、上面と蝶番を外して側面を再度電気かんなで削ってサイズ調整をしました。ドアが重いので、一人で作業するには結構大変ですね。

あとは戸当りと装飾板です。



イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成