8畳の2×4工法セルフビルドハウス ~パイン無垢の床張り~

agrin life self-build > 英国風14 床張り

集大成の小屋作り、
2×4工法で作る、8畳のセルフビルドハウス
イングリッシュコテージ風

水盛り遣り方~基礎工事その1 2011/06/12
基礎工事その2~土台完成 2011/06/30
構造材の加工と妻壁トラス 2011/07/30
床土台 2011/08/22
壁パネルの立ち上げ 2011/08/28
屋根工事 上棟と垂木、トラス 2011/08/29
屋根工事2 屋根下地とカラールーフィング 2011/08/29
屋根工事2 アスファルトシングル 2011/10/01

セルフビルド第4作目は、集大成!!
過去最大の大きさになる8畳(4坪)の2×4工法によるセルフビルドハウス。
外壁が緑色、化粧板は白色を使って、イングリッシュ風コテージを目指します。

8畳、2×4工法セルフビルド、イングリッシュコテージ風

パイン無垢の床張り

床張りです。
床材はホームセンター等も見て回りましたが、安いものは非常に安っぽいフローリングで、ここはやはりネットですね。

CIMG4403.JPG
東京丸文で、坪6800円の無垢パインを4坪分購入。

CIMG4406.JPG
床掃除して、実寸で長さを切ったらスタート。

CIMG4407.JPG
使う道具は、げんのう、フロア釘、ポンチ、あて木。

CIMG4406.JPG
床にはあらかじめ基礎土台の根太にあわせて墨線が引いてありますから、そこに合わせて釘を打っていきます。

CIMG4408.JPG
墨線上にさねの角に斜め打ち、最後はポンチで仕上げます。

CIMG4411.JPG
どんどん張っていきます。

CIMG4428.JPG
最後1列、材料が足りません・・・。

CIMG4431.JPG
買った床材は4000mm、500mmほどそれぞれ余っていますから、それらを継ぎ接ぎで最後の1列を埋めます。サネのメス側の片方を丸ノコで切り落とします。

CIMG4432.JPG
サネのオス側は必要幅分カットします。

CIMG4434.JPG
最後まで張り終わりました。

CIMG4538.JPG
仕上げにオイルを塗ります。そのままではパサパサなんです。

CIMG4539.JPG
オイルは母屋の住まいで使ったものがまだ余っていましたので使いました。オレンジピールの良い香りがします。

CIMG4550.JPG
いい色に仕上がり、これで室内は終了。


イングリッシュコテージ作りダイジェスト

CIMG3269.JPG基礎土台

CIMG3240.JPGボイド管を使った基礎

CIMG3579.JPG妻癖のトラス

CIMG3589.JPG外壁の立ち上げ

CIMG3618.JPG上棟

CIMG3626.JPG垂木の設置

CIMG3685.JPG屋根下地


CIMG3700.JPGカラールーフィング


CIMG3782.JPGアスファルトシングル


CIMG4018.JPG外壁工事


CIMG4209.JPG外壁工事


CIMG4281.JPG窓の製作


CIMG4311.JPGドアの製作


CIMG4338.JPG窓の設置


CIMG4437.JPGドアの設置


CIMG4550.JPG床張り


CIMG4501.JPG電気工事


CIMG4591.JPG完成


CIMG4593.JPG完成