切妻造りの薪小屋製作

agrin life woodstove > woodstove 2*4薪小屋01

2×4材で作る切妻造(きりつまづくり)の薪小屋製作

もっと薪がたくさん入って、かつある程度しっかりした薪小屋が
必要になってきました。
ただしDIYで比較的簡単に製作できる、というのが条件ですので、
基礎は簡単に、2×4材で、ビス止めだけで済むようなものを考えました。

1820×910㎜サイズを1ユニットとして、それを4つ並列にし、
それに切妻の屋根をかけて連結する、という方法に決定。

毎日、雪か雨ばっかりですが、その合間をぬって進めていきます。

整地、基礎作り

土台着工

本体完成、屋根トラス

塗装、屋根桟木

屋根 ポリカ波板張り

第一段階、完成!

追加棚、物置設置して、全て完成!!

整地、基礎作り

DSC01563.JPG
1年前に作った簡素な薪小屋を撤去!
薪もいったん移動して更地にします。
サイズは幅が6.3m、奥行きが1.8m。

DSC01565.JPG
モルタルを打ちたかったが、この雪でそこまでの
気力と体力と時間がなく・・・、防草シートを2重にして
敷きます。
水盛り遣り方はちゃんと実施して、ブロックを並べる位置に
水糸を張っておきます。水平だけは面倒でもきちんと取っておきます。
位置はとりあえずいったんブロックを置いてみます。

DSC01567.JPG
インスタントモルタルを練って、ブロックの下に砕石とサンドイッチにして
ブロックの高さを調整します。

DSC01571.JPG
下に防草シートが敷いてあるので、穴を掘って砕石を入れることが
できません。
この場合、シートをまず平らに敷いて、ブロックの下に砕石を入れて、
砕石が崩れないようにモルタルをペーストしました。

DSC01572.JPG
端っこの石がこぼれてくるので、横にモルタルをペーストしました。

DSC01569.JPG
水糸からの距離が全て同じとなり、かつ個々のブロックが水平に
設置され、これで全てのブロックが同じ高さとなり水平が取れました。

遣り方からここまで4時間かかっています・・・。

2010/01/11

photo gallery

CIMG2478.JPGフルターフォッシュ「スレッジ」
DSC01380.JPGログマチック
DSC01392.JPG横割り君
DSC01472.JPG時計型薪ストーブ
DSC01483.JPG鋳物ストーブ
DSC01535.JPG薪置き場
DSC01774.JPGヤンマー 運搬車
DSC01742.JPGハスクバーナー 346XP
DSC01777.JPG2×4材薪小屋