細い原木をまとめて簡単に玉切り

agrin life woodstove > woodstove 細木玉切り

細い原木をまとめて簡単に玉切りする方法


原木をトン単位でまとめて買うと、太いのやら細いのやら
バラバラで入ってきます。
比較的細い原木は、玉切りして割らずにそのまま乾燥させて
薪にしたり、せいぜいひと割して乾燥させます。
そういった細めの原木は、いちいちちまちまと切っていくのは
大変面倒くさいことです。

そこで!!


DSC01769.JPG
杭を6本立てて、下には丸太を置いて、その上にその細めの
原木をどんどん載せていきます。

杭の間隔は、切っていって残った原木が崩れないように
右から左に切っていくとすると、左側の間隔を狭くします。
自分が切りたい薪の長さに合わせて杭の位置を検討すると
良いでしょう。


DSC01770.JPG
まず右端を切りそろえます。
そこからこの場合45㎝で第1切断。
チェンソーのガイドバーの長さが足りなければ
反対側に回ってもう一度切ります。

DSC01771.JPG
そこから45㎝で第2切断。


DSC01772.JPG
いったん左端を揃えて切断し、
今度は左端から45㎝で第3切断。
この時揃える左端の長さを、第3切断で
45㎝ずつになるように決めると良いでしょう。
崩れず残った原木は45㎝になっているはずです。

これでたくさんの細めの原木が、あっという間に
薪になりました。

photo gallery

CIMG2478.JPGフルターフォッシュ「スレッジ」
DSC01380.JPGログマチック
DSC01392.JPG横割り君
DSC01472.JPG時計型薪ストーブ
DSC01483.JPG鋳物ストーブ
DSC01535.JPG薪置き場
DSC01774.JPGヤンマー 運搬車
DSC01742.JPGハスクバーナー 346XP
DSC01777.JPG2×4材薪小屋